JYJジュンスが大成功を収めたのをきっかけに、アイドルの起用が続いている韓国のミュージカル界。そんな中、日本での初ドーム公演を控えている、トップグループEXOのメーンボーカル、チェン(23)がブロードウェー作品『イン・ザ・ハイツ』で初ミュージカルに挑戦するということで、期待を胸に観に行ってきました。

写真:ロビーに飾られた『イン・ザ・ハイツ』のキャストボードより
写真:ロビーに飾られた『イン・ザ・ハイツ』のキャストボードより

『イン・ザ・ハイツ』は、ニューヨークの移民街である“ワシントンハイツ”を舞台に、ヒスパニック系移民たちの悲喜こもごもの人生を描いた作品で、第62回トニー賞で最優秀作品賞を含む4部門を受賞した名作として知られています。芸能事務所、SMエンターテイメントの系列会社であるSM C&Cの製作とあり、メーンキャストにはチェンのほか、SHINeeのキー(24)、INFINITEのソンギュ(26)とドンウ(24)、f(x)のルナ(22)、ソロシンガーのJ-Min(27)など、SM系のアイドルが多数、起用されているのが特徴です。

 私が観たのは、チェンの2日目の出演日となる9月15日の16時の公演。この日は、タクシー会社で働くベニー役にチェン、名門大学を退学しワシントンハイツに戻ってきたニーナ役にルナ、雑貨店を営むドミニカ系移民のウスナビ役にミュージカル俳優のチョン・ウォニョン、ウスナビが恋をする美容師のヴァネッサ役にJ-Minというキャスティングでした。ちなみにヴァネッサ役は当日にJ-Minにキャスト変更されたのですが、これが意外な展開を生むことに。その話はまたのちほど…。