暑い夏が過ぎ去り、今年もあと3か月。そろそろ年末のディナーショーのチケットが販売されます。豪華なホテルで、おいしいごはんと憧れのスターを堪能。1度は行ってみたいけれど、値段がちょっと高いし、勇気がいる、なんて思っている方は以下、ご覧あれ

 昨年はユーミンこと松任谷由実が、自身初となる年末の単独ディナーショーを開催。6万円という超高値がつけられて話題になった。また、消費税が5%から8%に変わった分を、値上げしたアーティストもいたけれど……。今年はそういうこともなく、お値段ランキングでも昨年の2~5位がそのまま1~4位にアップ。

20151013_dinnershow_graf

「逆にいうと、これが普通なんですよ。そろそろ落ち着いてきた、という印象。高けりゃいいってものでもないですし、ディナーショーがコンサートと違うのは“高級感”のほかに“特別感”と“間近に会える”ですからね」

 と語るのは、芸能レポーターの川内天子さん。

 最近はファンサービスが丁寧になったという。特に“ラウンド”と呼ばれるディナーショーならではのサービスもあるんだとか。

「各テーブルを回ってくれたりする人もいるんです。コンサートで目が合ったとか、そんなレベルではなく、直接話せたり、触れたり、ファンにとってはたまらないですよ。あと、コンサートは新曲とかをいっぱい歌うけど、ディナーショーはヒット曲が中心。だから、ファンじゃなくても知っている曲なので楽しめます。毎年、工夫が施されているから、何度行っても飽きないし、また来年も来ようね、ってなるんですよ」

 そんな工夫を特に感じさせるのが、今年、還暦を迎えた郷ひろみ。5月に通算100作目のシングルをリリースしたが、

「“この曲をこんなふうに歌うの?”ってアレンジがすごいんです。それに明るい曲が多いので、ノリッノリ、アゲアゲのショーになるんです」

 GO、GO~! そういう意味では、かつての恋人・松田聖子も負けていない。

「聖子ちゃんは、グランドプリンスホテル新高輪の『飛天』という大きな会場で行うんですが、さすがにラウンドなんてしません。正直なことを言うと、ほかの歌手より距離も遠いです。でも、だからこそ、ステージは広いし、衣装や演出がかなり凝っていて特別な感じが強い。あと、コアなファンの中にはオカマちゃんも多いから、独特の響きの“聖子ちゃ~ん”というかけ声も楽しめたりします」

 ディナーショーの“ミス&ミスター”は、今年もこのふたりでキマリ!