20151123iijim4

 月刊誌『JUNON(ジュノン)』主催の「第28回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」の最終選考会が23日、都内で開催され、グランプリに北海道出身の19歳、大学1年生の飯島寛騎(いいじまひろき)が選ばれた。応募総数は13948人だった。

 発表直後の飯島は、信じられないという緊張の面持ちで「グランプリを取れると思わなかったので、後ろで萎えてました」とコメント。

 司会者から受賞を誰に伝えたい?と聞かれると、「応援してくれた母に…。(会場を指差しながら)そのへんにいます…。(姿を見つけて)ありがとう!」。

 どんな仕事していきたいか?という質問には「やっぱり俳優とかをやりたいです!」と力強く答えた。

 同コンテスト出身者でもあり、ゲスト審査員を務めた山本裕典は、「今日は賞をった人もとれなかった人も、芸能界に入ると180度人生が変わります。自分のペースで頑張っていってくださいね」とエールを送った。

 グランプリ以外の受賞者は以下のとおり。

◎準グランプリ

・岡宮来夢(おかみやくるむ・高2・17歳)

◎審査員特別賞(2名)

・笠原崇志(かさはらたかし・大3・21歳)

・今川碧海(いまがわあおい・高2・16歳)

◎フォトジェニック賞(読者投票1位)

・坂本一樹(さかもといつき・高2・17歳)

◎明色美顔ボーイ賞(協賛社特別賞)

・大熊隆也(おおくまりゅうや・高3・18歳)

■コンテスト概要

 1988年にスタートした「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」は、これまでに武田真治、伊藤英明、小池徹平、山本裕典、溝端淳平、三浦翔平など数々の人気俳優を輩出。芸能事務所などに所属していない12歳から22歳までの男子を応募資格とし、今回は書類審査を通過した約600人の中から面接&カメラテストの第2次審査で99人を選出し、第3次審査では計4号で読者による人気投票を実施して絞られたファイナリスト10名に、敗者復活から1名、スーパー敗者復活から1名が加わった計12名が参加した。

■第28回グランプリ・飯島寛騎(いいじまひろき)の豆知識

 北海道出身。175cm・57kg。血液型B型。バスケと陸上をやっていて運動が得意。大学ではバレーボールのサークルに所属。現在、アパレル店でアルバイト中でモデルの経験もあり。性格は自他ともにマイペース。初恋は中2で相手は同級生。好きな食べ物はオムライス。