井上真央
 歴代大河でワースト3位の視聴率で始まった同ドラマ。井上真央の演技は評判がいいようだけど、いったい何がいけないのだろうか。作家で歴史エッセイストの堀江宏樹さんによると、

「『篤姫』路線を狙ったものの、見事に失敗している感が否めない。主役の文さんは、マイナーすぎるし忍耐の人物。"あのころ、兄・松陰は……"とかナレーション担当だったら適任だったかなぁ。長生きしてるんで。だからこそ、松陰や久坂玄瑞が魅力的でなければいけないのに"学校の放課後か!"って見まがうほど、全員"若者感"丸出しで同じに見える。現時点では、イケメン好きも歴史ファンもどちらも感情移入しづらい」

 今回、大河プロデューサーをつとめる土屋勝裕氏はひとつの見どころとして"イケメン大河"という要素を挙げた。しかし、視聴者には"幕末版『花より団子』"といった印象を与えてしまっているようだ。一方で、堀江さんはこれまでの大河との違いも指摘する。

「過激な長州藩という定番イメージを違う形でアプローチしようという試みは素晴らしいと思います。でも大河って、お金のかけ方しかり物語の展開しかり、"王道"が求められていると思う。視聴者の"期待"を無視しないでほしい。具材が山盛りでも、肝心の白米が見当たらない丼物みたいです」

 ドラマ内で松陰が門弟たちに語っている言葉、《至誠にして動かざるものは未だこれ有らざるなり》。これは「誠を尽くせば動かすことができないものはない」という意味。真心込めて作っている作品であれば、きっと視聴者の気持ちも必ず動くハズ! 今後の展開に期待したいところだ。


(プロフィール)

堀江宏樹(ほりえ・ひろき) ●1977年生まれ、大阪府出身。早稲田大学第一文学部フランス文学科卒。大学在学中からフリーランスライターとして文筆活動を開始。独自の視点から人物像を読み解き世界史、日本史に関する著書を多数執筆。滝乃みわこ氏との共著『乙女の日本史』シリーズがベストセラーに。