相棒
初代相棒として、強い印象を残した寺脇康文

 3月末の放送をもって、水谷演じる杉下右京の"相棒"を退くことが発表された成宮。となると、次シーズンからは新たなパートナーがキャスティングされることになる。今度はいったい誰が相棒になるのか。アンケートをとってみると、大本命はあの人で──

次の相棒はダレだ!? アンケート上位1位〜5位

20150317_aibo_enquete

 大ヒットドラマ『相棒』(テレビ朝日系)。水谷豊演じる杉下右京の"相棒"は、現在3代目の成宮寛貴扮する甲斐享だけど、このシーズンでの卒業が決まっている。はたして、4代目の相棒は誰が、どんなキャラクターで演じることになるのか?

 本誌が独自にアンケート調査をとり、ファン300人に予想してもらうと─。"なるほど!"から"えっ?"まで、さまざまな面白い意見が。

 まず、46票を集め、1位に輝いたのは仲間由紀恵だ。

「今シーズン、右京さんとのやりとりが素晴らしかった!」(20代/女性)

というように、シーズン13ですでに何度も活躍。同じテレビ朝日系の人気ドラマ『トリック』にも主演していたし、初の女性相棒を期待する人も多いみたい。

「冷静な右京さんが、ちょっとやり込められたりするところを見たい。鈴木杏樹さんが演じている『花の里』の女将と三角関係みたいになって、ラブっぽい展開なんかも期待しちゃいます!」(30代/女性)

 なんて意見も出て、新たなファン獲得にもつながりそう。ただ、彼女に票を投じた中学生は、こんな指摘も。

「社美彌子という役名は"か"で始まり"る"で終わる相棒の定義と違うので、ちょっと疑問を感じる部分もあります」

 確かに、寺脇康文が演じた"亀山薫"、及川光博の"神戸尊"、そして成宮の"甲斐享"と、これまでのパートナーはみんな"か"で始まり"る"で終わっている。この中学生恐るべし!

 2位には、8票差で及川光博。つまり、2代目相棒の復活を望む声だ。

20150317 yumin kaku (4)

「あの淡々としたふたりのインテリのぶつかり合いが好き」(30代/女性)

「相棒はシーズン15くらいで終わるだろうから、愛着のある人物に相棒となってもらいたい」(50代/男性)

 これだけの長寿番組になると、ファン心理も複雑なのね。

「復活するまでのあいだに、ある事件を起こしていた……などプラスアルファの設定があったら面白いかも」(30代/女性)

と、いわくつきの出戻りを期待する人も。

 3位も同じく復活組寺脇康文で、27票を集めた。

「やっぱり相棒はこの人だと思います」(30代/女性)

「水谷さんと寺脇さんの不仲説が流れていますが、やっぱり相棒といって、しっくりくるのは寺脇さんかなぁ」(40代/女性)

 番組スタートから’08 年まで、シリーズの半分以上、相棒だったのだから、印象が強いのも当然か。ただし、警察を退職して海外に行ってしまった設定だから、出戻りの理由づけには苦労するかも。

20150317 aibo (3)

 4位には、なんと水谷の実の妻伊藤蘭が22票でランクイン。

「実生活の相棒っぷりを見てみたい」(40代/女性)

「"右京さんに妻がいた"という設定で、上司としてやってくるといった役が面白い」(50代/男性)

という理由だけど、実は彼、実際に妻を「蘭さん」と呼んでいるほどの愛妻家だけに、頭が上がらないのは間違いなし!