20150317 yumina kaku
松任谷由実のレギュラー番組『Yuming Chord』から生まれた『書くユーミン』。TOKYO FMのショッピングサイトShops.Love(TOKYO FMのトップページ右上にある「ショッピング」の部分をクリック)、 もしくはセブンネットショッピングから購入可能。詳しくはhttp://shop.tfm.co.jp


本屋さんでは売っていない、松任谷由実の新しい本。それは、ユーミンの歌詞を味わいながら、美しい字を習得できちゃう1冊だった! 彼女のラジオ番組から生まれたという本の制作秘話と、字をうまく書くコツ、さらに歌詞にまつわる新エピソードを紹介


松任谷
'11年の紅白出場時には桜色の着物で『春よ、来い』を歌った


《書いているうちに体の中のDNAが、その文字の意味を自然に感じられるようになるのではないでしょうか。(中略)私も作品を作っているときに本当に集中すると、DNAが言葉を持ってくるような感覚があります》

 このたび発売された『書くユーミン』で、言葉に対する思いや作詞中の感覚をこのように明かしている松任谷由実。同書は"ユーミンの歌詞を書きながら美文字の練習ができ、なおかつ改めてその世界観を味わえる"として話題に。でも実はこれ、書店には置いていない特別な1冊なのだ。どこで手に入るかというと、

「TOKYO FMの公式オンラインショップで発売しています。ユーミンが番組パーソナリティーを担当して32年。番組をより外へ発信していくためのグッズとして誕生しました。何を作ったらいいかと考えた結果、フォーカスしたのが、ユーミンの言葉のセンスだったんです」

 と、エフエム東京・編成制作局クロスメディア開発部専任部長の原田洋子さん。過去にユーミンの番組プロデューサーもしていた彼女は、その鋭い感性に着目する。

「ユーミンが紡ぐ言葉の表現には"さすが!"と思うことばかり。毎回"こういう使い方があったのか"という発見がありました。番組名や放送時間帯が変わっても、ユーミンの言葉の鋭さや深遠さだけはずっと変わらないんです」

 現在のレギュラー番組『Yuming Chord』(毎週金曜午前11時~。TOKYO FMほかJFN系列全国38局ネット)も、毎週ひとつのキーワードをユーミンのトークでひも解いていくというコンセプトで制作している。そういった経緯もあり、言葉の世界からアプローチすることに意義があると考え、歌詞を用いた"美文字本"のアイデアに思い至った。

 ユーミン本人にその思いを伝えたところ"歌詞に関してはどこからでもかかってこい!"と快諾。トントン拍子で決まるも、制作に入るとまず、選曲に悩んだという。

 数々の名曲からどういう基準でセレクトしたかを原田さんに聞いてみた。

「400以上の楽曲と向き合う中で気づいたことがありました。40年以上にわたって歌詞を書き続けているユーミンには、その時代ごとに切り取っている言葉があるな、と。その感覚と、歌詞全体を文字で見たときの印象や曲調のバランスを大切にしながら、計10曲を選びました」

 ’70 年代は『翳りゆく部屋』『海を見ていた午後』、’80 年代からは『経る時』『~ノーサイド・夏~空耳のホイッスル』『恋人がサンタクロース』『ANNIVERSARY』。’90 年代から『春よ、来い』『満月のフォーチューン』が、’00 年以降としては『雪月花』と『シャンソン』が入っている。

「今回、曲を聴き込むことで呼吸する個所がわかったり、意味を思い違えていた部分などに気づきました。その発見を生かして、あえて歌詞カードの行替えと変えている曲もあります」(原田さん)

 それぞれの曲には作詞当時を振り返ったユーミンのコメントが添えられている。そこにも意外なエピソードが書かれており、"発見"にあふれた1冊だと原田さんは言う。

「ペンをとって一語一句書き進めていくと、歌の知らなかった一面に出会えたり、まったく別の風景が見えてくるかと。きっと今までに感じたことのないユーミンの音楽世界が体感できると思います」