やまぐち・えいこ●1958年、東京生まれ。早稲田大学文学部卒業。会社員、派遣社員として働きながら松竹シナリオ研究所で学び、2時間ドラマのプロットを多数制作。その後、丸の内新聞事業協同組合の社員食堂に勤務しつつ、小説を書く。2007年『邪剣始末』で作家デビュー。2013年『月下上海』で第20回松本清張賞を受賞。ほかの作品に『あなたも眠れない』『小町殺し』など。 撮影/佐々木みどり
やまぐち・えいこ●1958年、東京生まれ。早稲田大学文学部卒業。会社員、派遣社員として働きながら松竹シナリオ研究所で学び、2時間ドラマのプロットを多数制作。その後、丸の内新聞事業協同組合の社員食堂に勤務しつつ、小説を書く。2007年『邪剣始末』で作家デビュー。2013年『月下上海』で第20回松本清張賞を受賞。ほかの作品に『あなたも眠れない』『小町殺し』など。 撮影/佐々木みどり

10年以上、温めてきたプロットをもとに執筆

 舞台は江戸時代。呉服商・巴屋の長女おけいは、子どものころから母親につらく当たられていた。幼いおけいの大きな心の支えとなっていたのは、隣家の小間物屋の放蕩息子・仙太郎だった。おけいは仙太郎への淡い恋心を胸に秘めつつ、度胸と才覚を武器に、巴屋を江戸有数の大店(おおだな)に育て上げていく——。

『恋形見』は江戸で生きる女の一代記でもあり、恋愛小説でもある。著者は2013年に松本清張賞を受賞した“食堂のおばちゃん”こと、山口恵以子さんだ。

「30代で脚本家を目指しはじめて以来、たくさんのプロット(構想)を書いてきました。この物語のプロットを手がけたのは、実は10年以上前。当時、『鬼平犯科帳』などの脚本を手がけた下飯坂菊馬先生が主宰するシナリオの勉強会に参加していて、そのときに提出した作品です。あるとき、橋の上で櫛(くし)を握りしめてじっと涙をこらえ、前を向いている少女の映像が浮かんで。あの子はどうして泣いているんだろう、何を見ているんだろうと考えているうちに、物語の骨子ができあがったんです」

 このアイデアを原稿用紙80枚ほどのプロットにまとめて提出したところ、先生には脚本よりも小説にすることをすすめられたという。だが、その後はずっと日の目を見ないままだった。

「松本清張賞の授賞式の後、いちばん最初に執筆依頼をしてくださったのが、この本の担当者さんでした。お手紙と一緒にこれまで編集された本を送ってくれたのですが、それらを読んでいるうちに、10年前に作ったプロットで書きたいなと思って。プロットをお見せしたときにお褒めの言葉をもらったのですが、同時に“魅力的な悪役を作ってください”とアドバイスされて。その言葉を聞いて、初めてこの物語のへそができたと感じましたね」

 若くして巴屋を継ぐことになったおけいは、アイデアを駆使して店で扱う新しい反物(たんもの)の流行を仕掛けていく。現代の読者モデルやファッションショーを想起させる描写は、華やかで爽快。

「江戸時代の大店は、自分の店の商品を瓦版(かわらばん)に載せたり、歌舞伎のセリフに商品名を織り込んでもらったりなど、今と同じように宣伝しているんです。巴屋は小さな店ですから、資金がかからないサービスから始め、だんだんと大がかりな宣伝を仕掛けていきます。どんな方法をとれば江戸じゅうの注目を集められるだろう、商品が売れるだろう、お客さんが喜んでくれるだろうとあれこれ考えるのはすごく楽しかったです。もともと着物は好きですし、すっかり呉服商の女将の気分でした(笑い)」