tabe
 多部未華子が、犯人をいたぶることが趣味の“ドS”な女性刑事を演じる『ドS刑事』(日本テレビ系)。

「多部さんは若手の中でも演技派として評価が高いですが、特に評価されているのが今回のような奇抜な役を演じる上手さ。実際、等身大な役を演じる作品よりも、個性的な役を演じるほうが視聴率も安定しています。そのため、変わった設定の原作をドラマ化する際、キャスティングで名前が真っ先にあがりますよ」(テレビ局関係者)

 相手役を務める大倉忠義はこんな評価が。

「個性派集団の関ジャニ∞の中、良い意味で癖がないのが大倉くん。本人のキャラが前に出過ぎないため、今回のような振り回される役も、映画『クローバー』で演じたドSな役も違和感なく演じられます。また本人も人気アイドルとは思えないほど物腰が柔らかく、悪い評判を一切聞かないため、共演する女優の事務所からも安心していただけているようです」(前出・テレビ局関係者)

 高校時代の悪ガキ仲間ら7人の友情をテーマに、EXILEのメンバーらが出演中の『ワイルド・ヒーローズ』(日本テレビ系)。こちらは、この春から新設されたドラマ枠。

「最近、若い子はゴールデン帯のドラマをリアルタイムでドラマを見る習慣がなく、プライムタイム帯が好評。そのため、イケイケな日テレは若い視聴者を取り込むために22:30~に新しくドラマ枠を新設したそうです。22:30というのは、今までにない時間設定なので、テレビ業界ではこの枠がどう転ぶかみんな注目していますよ。今作の視聴率はまずまずといったところなので、他局はまだ様子見かもしれないですね」(芸能プロ関係者)