メディアでお見かけしない日はないほどの大人気。佳子さまのご公務の姿はもちろん、キャンパスライフにも注目が集まっている。なぜいま、日本じゅうで佳子さまフィーバーが巻き起こっているのか─。各界の識者が徹底分析!


20150623 royalfami (27) tate
多賀幹子さん ●フリージャーナリスト。著書『うまくいく婚活、いかない婚活』(朝日新書)など。

「佳子さまに感じるのは次女ならではの自由奔放さ。この"次女力"を発揮して、現代の皇室を切り開いていってほしい」

 そう佳子さまに期待を寄せるのは長年、英国を中心に欧州の王室を取材してきたジャーナリストの多賀幹子さん。

「美智子さまや雅子さまが皇室の外から入られたシンデレラなら、佳子さまは生粋の皇室育ちのプリンセス。生まれつきの品のよさがありながらも自由奔放さを持ち合わせる。まさに現代のプリンセスといえます」

 映画『アナと雪の女王』でも、王室らしさを守ろうと苦悩する姉のエルサと、そんなことにはおかまいなく天真爛漫に行動する妹のアナが好対照に描かれていたが、眞子さまと佳子さまの関係性も、これに近いかもしれない。

 確かに、眞子さまが"見せブラ"やタンクトップ、ホットパンツ姿を披露するのは想像できないが、佳子さまがそういう格好をするのはさまになっているような気がしてしまう。

 いっぽう、新年恒例行事の『歌会始の儀』では、このような御歌を披露されていた。

《弟に 本読み聞かせ ゐたる夜は 旅する母を思ひてねむる》

 弟思いの素直な心をお持ちであることがうかがえる。紀子さまに"うるさい"と言い返したという報道も、若い佳子さまが素直に生きている証拠。人間くささを感じさせるエピソードである。

「そのうち映画『ローマの休日』のようにプチ家出をされたりするかもしれませんね。難しいことは眞子さまにお任せするなど、姉妹で役割分担すればいいわけですから。佳子さまには、これまでの皇室の常識を超えた"ぶっ飛んだ発想"で時代を突破してほしい」

 ただし、いまの佳子さまは外見で注目されているだけ。次は言動を通じて私たち国民を魅了してほしい。そういう点では、海外の王室は進んでいる。英王室では積極的に慈善活動を展開しているが、多賀さんは以前、傷病兵のための基金活動のイベントでエリザベス女王と会ったことがあるとか。