自殺直後、同級生は「LINE」での悪口やいじめ、仲間はずれがあったと打ち明けた。先輩からも暴力を振るわれ、テニスコートの砂を集めて自分のお墓をつくっていたという。しかし、自殺との因果関係を調べた報告書はひどいもので…。

 

 2013年3月28日午前8時ごろ、奈良県橿原市の中学1年・佐藤由奈さん(仮名=当時13)が、自宅から徒歩数分のマンション7階から飛び降りた。母親の直美さん(仮名=46)が洗濯物を干していると、自宅の固定電話が鳴った。ナンバーディスプレイには学校の番号が表示されていた。

20150630 ijime (2)
亡くなる前の最後の写真

「娘さんはもう家を出られましたか?」

 内容がショックすぎて、その先の会話は覚えていない。その日、由奈さんが所属するテニス部は試合があった。しかし、由奈さんは寝坊して起きてきた。直美さんが家事をしていると、由奈さんがリビングのドアを開けた。

「ママ……」

「どうしたの?」

「今日、試合やった」

 練習ならば午前8時半に家を出れば間に合う。しかし、試合ならば急ぐ必要がある。由奈さんはやや元気がなさそうに見えたが、直美さんの頭に浮かんだのは「お弁当を用意しないといけない」ということだった。

「すぐ作るから、その間に用意しといて」

「ユニホームがない」

「あるよ。あとで(部屋に)見に行くから」

 いつもならお弁当のほかに菓子パンを持たせるが、急だったため用意できず、おにぎりを作った。由奈さんが洗面所にいるのが見えた。ユニホームを着ていた。

「ほら、あったやん」

 元気が出るように直美さんは少しオーバーに言い、由奈さんを送り出した。

「気をつけて行ってきいや」

 そんな矢先の電話だったのだ。直美さんは夫の修司さん(仮名)と一緒に奈良県立医大病院に車で駆けつけた。マンションから落ちたと聞いてケガを心配した。2階くらいから落ちたのだと思っていた。

「大ケガや。いっぱい骨折してるんや。車イスになっても、私がずっと看るから」

 しかし、7階からの転落と聞き、直美さんは目の前が真っ暗になった。午前10時ごろ、血のついた手袋をした執刀医が目の前に現れた。