血のつながりも共通の趣味もない。だけど、意外なきっかけで一緒に暮らし始めた人たちがいる。若者×シニアからシングルマザーまで実態を取材。知られざる“シェア”な暮らし、あなたの目にはどう映りますか?

■大切な家が空き家に。それならば…と始めたホームシェア

(NPO法人ハートウォーミング・ハウス代表 園原一代さん)

20150707_sumai_5_1
「家を空いたままにしておくのはもったいなかったし、もともと若者支援をしたいと考えていました。そこで“ホームシェア”とのご縁ができたんです」

 そう話すのは、世田谷区に住む60代のAさん夫婦。

 隣接した2軒の戸建て住宅を持ち、そのうち1軒は息子夫婦が住む予定だった。しかし息子夫婦の地方転勤が決まり、家の使い道を失う。そこで出会ったのが、NPO法人『ハートウォーミング・ハウス』が取り組むホームシェア。空いているほうの1軒を間貸しするというシステムだ。

「楽しく住みたいと思うオーナーさんと、学生や若い人たちを結びつけることが目的」と話すのは、同法人代表の園原一代さん。空き家を貸したい、借りたい、と思っている双方の仲を取り持ちマッチングを行い、良好な関係を築く役目をしているという。

 Aさん宅には現在、大学生1人、20代から30代の社会人3人、計4人の女性が住んでいる。出身は東北や東海地方などさまざま。

「借り手であるシェアメイトは事前にこちらで書類選考と面談をし、オーナーさんやほかのシェアメイトとの相性を考えます。面談を通過して初めて、オーナーさんと顔合わせをします」(前出・園原さん)

 どんな人が来るのか、ちゃんと部屋は埋まるのか……。始めるまでは多くの不安を抱えていたAさんだが、借り手の人間性も把握したうえで動いてくれる園原さんのおかげで大成功だったという。

 シェアメイトには各自個室が用意され、家賃は5万円程度。光熱費は4人とも一律料金で支払う。駅から徒歩5分という立地を考えると、相場に比べずいぶん安い。

「二世帯住宅を利用したシェアなど、お宅によって暮らし方は違いますが、Aさんご夫婦は一軒貸しをしているケース。’14年の4月からスタートさせました」(園原さん)

「週に1度、居間などの共有スペースを掃除するため、この家に入っています。そこで実際どんな生活をしているのか、把握することもできます」(Aさん)

 食器棚や家電は、もともとあったものを使用しているため、借り手はそろえる手間や費用がかからない。

 ただし、共同生活にはルールが不可欠。居間には“オーナーからの伝言板”と書かれたホワイトボードを掲示、ゴミ出しの注意点がまとめられている。

 また、オーナーとシェアメイトは事前に『お約束シート』を作成。“男性を入れることは禁止”“友達を呼ぶ場合は事前申請すること”など約束を決めているため、トラブルも少ない。

 そんなホームシェアのメリットを尋ねると、オーナーのAさんは言う。

「若い人と住むことで刺激が生まれ、ボケ防止につながると思います。朝、顔を合わせた時に“行ってらっしゃい”と声をかけて挨拶するだけでもだいぶ違う。今では生活の楽しみになっています」

 園原さんも、ここで生まれる異世代間の交流を増やしていきたいと話す。

「広い家を持て余してしまっているシニア予備群の方は多くいると思うので、ホームシェアをぜひ知ってほしい。有効に使わなくてはもったいないと思いますね」