s-20150721 pachipuro (4)
遺棄現場。山林内には約10メートル四方のブルーシートが設けられており、脇には花束とコーヒーが供えられていた


 山形市内の山林で29歳男性の白骨化した遺体が発見され、3人の男が死体遺棄の疑いで逮捕された。被害者を含む4人は市内外の複数のパチンコ店で有名な常連客。両者には巨額のお金の貸し借りがあったという。

「ハット!」「ハットさん!」

 仲間内にそう呼ばれていた柴田健太さん(当時29)が忽然と姿を消したのは、昨年秋。調べによれば、10月29日ごろを最後に、ぷっつりと行方がわからなくなったという。

「ハットさん!」─あだ名の理由はいたってシンプルで「毎日、おしゃれな帽子をかぶっていたから、いつしか呼ばれるようになりました」と柴田さんを知る人物は話す。

 近隣住人は、「身長が160センチちょっとと小さくて、あごと口にひげをはやしていました。家から出てくるといつも帽子姿で、かぶっていないのを見たことがない。サッカーの長友(佑都)選手に似ていた」と風貌を証言する。

 柴田さんは、パチスロが好きで、そして得意だった。

 地元の情報通は「失踪3か月前まで柴田さんには彼女がいた。でも、パチスロの打ちすぎが原因で別れたらしい」。それほどまでに、のめり込んでいた。よく出入りしていた郊外のホールは遊技機1000台以上の大型店で、約2年前の新規開店当初から、柴田さんは常連客だった。

s-20150721 pachipuro (6)
柴田さんが大宮容疑者と暮らしていたとされるアパートは空き部屋に


 柴田さんの姿が見えなくなった直後、嫌な噂話が常連客の間で交わされていたという。

「"あの人、いなくなっちゃったよね"って話は、たびたび出ていた。"そうそう、見かけなくなったね"と話す人もいたけど、"あいつ、俺らが消したから、これで借金はチャラだ"という会話を店内で耳にした客もいる」(常連客)

 常連客以上に柴田さんの行方を気にしていた人物がいた。

「ハットさんにはいつも一緒にパチスロをする親友がいて、その人が周囲に"あいつがいなくなった、知らないか?"って血相を変えて探し回っていました。"きっと殺されてしまった。埋められたか沈められたかだ"とも言っていた」

 事情を知る人物は、沈痛な表情でそう証言する。

 柴田さんが姿を消してから約1週間後の昨年11月7日、「まだ失踪届を出すのは早いんじゃないか」と二の足を踏む柴田さんの父親を親友が説得し、県警に捜索願を提出。