20150721 jiken (5)


父母の口論は最悪の結末を招いた。家を飛び出すように出て行った母親の留守中、息子は父親の腹部を刃物で刺し、約1時間半後に死亡が確認された。夫を亡くし、逮捕された息子の身を案じる母親を直撃すると―。


 事件は6月18日午後8時半ごろ、東京都府中市日鋼町の巨大な団地内で起きた。父・光二さん(58)を刺したとする傷害容疑で現行犯逮捕された五月女旬容疑者(32)の母親を自宅前で直撃した。

─事件について話を聞かせてください。

「ダメです。ダメです。何もお話しすることはないので、お引き取りください」

 事件から約1週間。外出先から自転車で帰宅した母親は6月24日、光二さんの香典返しとみられる荷物を抱えていた。小柄で少しふくよか。メガネの奥の目は、悲劇の渦中にあるとは思えないほど落ち着いていた。事情聴取や葬儀の手配、血痕の掃除……。この1週間、やるべきことをこなすことだけで頭はいっぱいだったろう。

 きっかけは夫婦喧嘩だった。光二さんの言葉に怒った母親は家を飛び出した。およそ20〜30分後、冷静さを取り戻した母親が帰宅して目の当たりにしたものは……。

 刃渡り約13センチの果物ナイフが腹部に刺さり、血を流して倒れている夫。そして、Tシャツに返り血を浴びた長男というおぞましい光景だった。

 母親は、

「長男が夫を刺した」

 と119番通報。しかし、光二さんは救急搬送先の病院で約1時間半後に亡くなった。

 旬容疑者は、警視庁府中署の調べに対し、

「刺したことに間違いはありません」

 と容疑を認めている。

20150721 jiken (2)
惨劇の後始末を終えた母親は何を思うのか


 五月女家はどのような家族なのか。団地の同じ棟に住む男性は「事件には驚いた」として次のように話す。

「両親と息子さんの3人家族です。挨拶を交わすぐらいのお付き合いですが、ご主人は会社員で、奥さんはお弁当屋さんでパート勤務していると聞きました。息子さんが働いているようすはありません。息子さんはいっさい会話できないんです。手話ができれば別なんでしょうが、私は手話ができないので」

 近隣住民らによると、旬容疑者は耳が聴こえず、しゃべることもできない。つまり、ろうあ者という。踏み込んだコミュニケーションをとるのは難しいものの、評判は悪くない。

「私たちが外でおしゃべりしていると、よくそばを通るんです。"こんにちは"と声をかけると、言葉にならなくても、いつもニコニコ笑って応えてくれて。ものすごくいい青年なのに、何があったのか。とても残念です」と近所の主婦。