20代には多くを語りすぎる女性は嫌われる?

「私は"私が! 私が!"っていうガッツキが目に見えるタイプが苦手です」

20150804 andomiki honbun

 こう語るのは綾子さん(27歳・会社員)。

「最近好きな人は、大久保佳代子さん。常に本気感があって、あなどれないから」

 逆に嫌いな人は、

「安藤美姫。自分の境遇や子ども、選手人生とかって、自分で選んできたものなのに"あたし、かわいそうでしょ? でも頑張ってるの!"みたいにしているところが嫌い。SNSで"疲れた、病んでる。でも頑張る! だからホメて"系の投稿をしてはいいね!の数にほくそ笑んでそう。承認欲求、すごそうだし」

 これにうなずく由美さん(24歳・教員)は、

「同じスポーツ選手でも、なでしこの川澄奈穂美選手は、実力で勝負している感じが好きです。かわいさが後からついてきているというか。テレビとかでも、インタビューでしゃべるタイプじゃないですよね」

 一方、嫌いな人は、

「小保方晴子。ロックなブランドとして認知されている『ヴィヴィアン・ウエストウッド』の大きなオーブリングをつけて会見に臨む場違いな姿に、ゲゲッて思ってました。普通の感覚ではないですよね。でも、同期にああいう人がいたら、男性陣はみんな彼女の味方につくんだろうなって」

 理紗さん(29歳・会社員)の嫌いなタイプは、

「神輿に乗りたがる人。紗栄子が苦手です。スゴいのはお前じゃなくて、ダルビッシュだから!」

 前ページの嫌いな人ランキングで上位の和田アキ子や泉ピン子は、

「近所のおばちゃんみたいな感覚で、嫌いというほどではないです」(由美さん)

 という声にみんな同意。

「神田うのも本当の職業がよくわかんない。正直、美川憲一と旅行に行く人くらいの認識だから、好きでも嫌いでもない」(綾子さん)

 全員が口をそろえて、「それほど嫌いな人はいない」と語るのが20代の特徴。

「なんか嫌いっていうより、イタいって表現のほうが合っているかも。嫌悪っていうか嘲笑う感じが多いかも(笑い)」(理紗さん)

 イタかったり吹っ切れた悪役は逆に愛される、と綾子さんは語る。

「デヴィ夫人は、けっこう好き。よく芸能人に噛みついたりするけど、バラエティー番組で体当たりな企画もこなすし、かわいい。〝夫人感〟とのズレがいいよね。もはやゆるキャラっぽい!」

 以前は嫌いな女の常連だった沢尻エリカも、

「いま、フジテレビ系『1リットルの涙』みたいな役をされたら信じられないけど、気が強いキャラとかはハマる。なによりかわいいし」(由美さん)

 嫌いな人が好きな人に変わることもあるのだ。