関東近郊、「本当に出る!」と噂されるガチな心霊スポットに突入した担当編集M子(24歳・♀)、カメラマンW(23歳・♂)、ライターの私(38歳・♂)。次々と降りかかる災難、疲弊した3人を襲った現象とは―

■Day-1 戦国時代、55人の遊女が殺害された「おいらん淵」

 取材初日は、遊女の幽霊が現れるという山梨県の有名な心霊スポット『おいらん淵』へ。戦国時代、金山の秘密を知る遊女たちが口封じのため虐殺された場所だと言われている。恐怖体験には事欠かない。

 カメラマンW氏の運転する車で出発すると、いきなりM子が「塩を忘れた!」と騒ぎ出す。“塩なんて必要ないのに……”と2人で思いながらも、必死なM子の懇願に、仕方なく道中のコンビニに立ち寄った。パッケージにはしっかり『食卓塩』と書かれているが、大丈夫なのだろうか……。

 30分ほど車を走らせると、カーナビが目的地到着を示した。奥まった細道に通行止めの看板を発見。この奥に供養塔があるようだが、現在は立ち入り禁止となっていたため、フェンスの外から撮影することに。

厳重に鍵がかけられたフェンス
【写真】厳重に鍵がかけられたフェンス

 そのとき、近くをゆっくり走行する黒の軽自動車が現れた。車内には男が2人。近くのトンネル内で運転手が降り、地面から何かを拾う。再び男が車に乗り込んだところで、私たち取材班の存在に気づく。このとき男と目が合ったM子によると、車から降りた男は黒のタンクトップ姿、両腕にはビッシリとタトゥーが刻まれていたという。撮影中のわれわれを睨め回し、一瞬停車しかけるが、そのまま通り過ぎていった。

 時間は深夜11時。真っ暗闇の中、川の水音だけが聞こえる。何も起こらない。ひとしきり撮影を終えて帰ることにしたのだが、“真の恐怖”はここからだった。

【写真】川の流れは激しく、この日は気温16度だった
【写真】川の流れは激しく、この日は気温16度だった

 帰りの山道で私は予期せぬ車酔いに襲われた。背中に嫌な汗が流れる。停車してもらい、外に飛び出して嘔吐。そのまま少し外の空気に当たってから再出発。

 W氏も私を気遣い、ゆっくり走行していたのだが、それでもカーブの続く山道が再び私の酔いを引き起こしていた。“また停車してもらおうか”と思った矢先、M子が大声を上げる。

「あれ、さっきの車!」

 対向車線で待ち構えていたかのように、先ほど通り過ぎたはずの2人組が目を光らせている。おそるおそる軽自動車とすれ違って離れたが、しばらくするとこちらを追いかけてきたのだ。

 一気に車内に緊張が走った。W氏も少し焦って飛ばしぎみに。私の酔いはどんどん悪化していくが、さすがに止まってもらうわけにもいかない……。

 どうにか引き離したところで、私の吐き気がマックスに。再び停車し、本日2度目の嘔吐。その後は無事、街中まで戻ることができた。

 遊女たちの呪いか、黒い男たちの悪意か、山の持つ魔力か……。私に“異変”が起きたことは事実である。