20150818_book1

■血縁・婚姻抜きで同居する4人の日常

 『まほろ駅前多田便利軒』『風が強く吹いている』『舟を編む』など、多くの著書が映画化、テレビドラマ化され、軽快なエッセーも人気を博している、現在、最も支持されている作家のひとり、三浦しをんさん。そんな彼女の新作は、1組の母娘と2人の他人、計4人の女が、成り行きから東京の古い洋館で同居する、ちょっと不思議な物語です。

 4人はそれぞれ個性的ですが、つかず離れずの心地よい関係。家事なども適度にこなし合い、楽しそうに暮らしています。

「この話を書いたきっかけは……私は独身で、37歳の主人公と同じような年齢なのですが、少し前まで“多くの友達が結婚して、中には子どもが中学生なんて子もいるのに、私の人生これでいいの!?”と焦っていたんですね。でも、だんだんそれがどうでもよくなってくると同時に、ひとりにこだわることにも疑問が生まれまして。結論として、血縁じゃなくても、互いに寄り合える場所があったらいんじゃないかな、もしそんな暮らし方が成り立つなら理想なんじゃないかなぁと思い、筆を進めました」

 4人はみな独身で、主人公の佐知は刺繍作家。佐知と同じく37歳の雪乃は、保険会社に勤務。27歳の多恵美は雪乃の後輩で、家主でもある佐知の母親の鶴代は、70歳近くのバツイチです。

「登場人物たちが独身だからといって、別に既婚女性を排除している気はないんです。私はよく気の合う友達、趣味が一緒の友達と、“年を取ったとき、一緒に暮らせたら楽しいよね”って、まあお決まりの話をするんですけど、既婚の友達にも“子どもはそのうち独立しちゃうし、平均寿命からいえば夫が先立つ可能性も高いし、仲間に入りなよ”と言っています(笑い)。夢物語かもしれないけれど、そういう楽しい老後を想像する、もしくは老後まで待たなくても困ったときには連帯できると思うことで、今日も1日頑張ろうと、女性は思えるんじゃないでしょうか」

 女同士の話と聞くと、見栄と嫉妬の世界を想像しがちですが、登場人物たちは実にのほほんとしています。ときに約束を“いい感じの彼と出かけるから”とひとりがドタキャンしたとしても、結局は“しかたないなあ”と、責めずに受け入れる度量もあります。

「たまに“女って怖いな~”という男の人がいますが、私はそのたびに“あなたの会った女の人はすべて、そんなにギラついていたの?”と不思議に感じます。私の周りにはそういう人、あまりいなくて……。もちろん、女同士にドロドロした関係が、まったくないとは言いませんが、自身の過去を振り返っても、助け合うことが多かったです。例えば“彼氏ができそう”なんてときには足を引っ張ったりしないで、応援し合ったり。女って、女のことを基本的に好きなんじゃないかなあ」