「参拝したら、コンサートチケットが手に入った!」

 なんて、嵐ファン=通称"あらしっく"たちの間で話題騒然なのが、滋賀県栗東市にある大野神社。天神さまこと菅原道真を祭神とし、国の重要文化財でもある鎌倉時代初期建造の楼門を持つ、由緒ある神社なのだが……。

「神社名に加え禰宜を務める大宮聰さんの名前が『大宮SK』という、かつての大野智と二宮和也のユニット名を連想させるとか、大宮さんの誕生日が松本潤と同じだということから、ネットを中心にその存在が広まりました。いまや多くの嵐ファンが集まる、あらしっくの"聖地"です」(アイドル誌ライター)

 そんな神社が、7月31日に喫茶コーナー兼売店の『大野cafeアプリ』をオープン。昨年は"嵐効果"もあり、年間20万人もの参拝者数を記録したものの、近ごろは客足が衰え始めたため、新たに考えだされた呼び物のようだ。

20150901 baumu (5)

 オープン早々、盛況だと聞き、本誌も訪れてみると─。まず、目をひいたのが、神社内の売店に飾られている数多くの大野グッズ。

「参拝に来た大野ファンがぜひ飾ってくださいと"奉納"していったプレゼントだそうです。まさに、御礼参りですね」(前出・アイドル誌ライター)

ファン垂涎、5色のソフトクリームも

 そして、注目のカフェへ。グッズ売り場でひときわ目立つのが、目玉商品という『大野バウム』。栗東市内にある文化ホールで営業している喫茶店と共同開発したバウムクーヘンで、全5種類。それぞれ、色と柄の違うパッケージで売られている。

20150901 baumu (1)

 青色で模様が描かれた『大野神社ご神紋柄』は厚切りのココア味。黄色の『宮柄』は厚切りのプレーン。赤色の『桜柄』はしっかりとした焼き目のプレーンで、紫色の『松柄』は薄切りのココア味2枚組。緑色の『葉柄』は薄切りプレーン2枚組。単品だと1箱650円、5段重ねは3200円で50円お得となっている。

 お気づきの方もいるだろう。柄のネーミングとそれぞれのカラーに嵐の5人をイメージできる工夫がされている。さらに、カフェでもファン垂涎の『大野ソフト』というメニューが。ソフトクリームに1切れの大野バウムを差したもので、各390円。もちろん、こちらも5パターン。青のソーダ味、黄色のマンゴー味、紫の巨峰味、赤のいちご味、緑のメロン味。

「人気はソーダ味がダントツですね」(カフェの店員)

20150901 baumu (4)

 こうしたアイデアは、注目のきっかけを作った禰宜の大宮さんから生まれたもの。その舞台裏について、本人に話を聞くことができた。

「嵐さんのファンだけを相手にしている神社ではないんですよ。観光神社ではなく、地域密着型の神社というのが基本原則。バウムクーヘンにしても、町おこしの一環です。喫茶店をやられているオーナーさんがご自宅の裏でバウムクーヘンを作り、ひっそりと売っていらっしゃったけど、それがなかなか売れない。でも、これを栗東という町のアピールにできるのではと考えました」

 大野バウムは、かつて東京・日本橋にあった洋菓子店の伝統製法によって作られた、無添加、直火焼きの本格派。だが、地味に埋もれていたそれを人気商品に変えたのは"嵐効果"以外の何物でもない。

 実際、大宮さんも「ちょっと奇抜にいかないと、マスコミが来てくれないですしね(笑い)」と言うが、ただ、何から何まで"狙ったもの"でもないようだ。

「大野バウムを作るにあたって、5種類あったら面白いですね、とは言ってはありました。でも、それぞれ違ったパッケージデザインは想像以上の仕上がりでしたね。実は、2年前にお守りを作ったんですが、それも初めから5色を作っていたわけではないんです。嵐のファンの方々から、5色展開してほしいという声がかなり多かったので」

 つまり、大野神社が聖地化していった背景には、ファンの後押しも大きかったわけだ。しかし"嵐効果"の扱いには、難しい部分もあるという。

「嵐さんの名前自体を出すのは厳しいということもあり、ギリギリのラインでやっているつもりはありますね。これは、公認ではないですから」

 そう、これらの商品はジャニーズ事務所非公認で、いわゆるオフィシャルではない。