■大人の女性が溺れる年下彼との偽りの恋

『蜘蛛と蝶』の主人公・多岐川瑠璃子は、清潔感のある整った容姿の33歳。歯科衛生士という堅実な仕事を持ち、都心に近い実家に健康な両親と住んでいます。しかし、妹が離婚し子連れで出戻り、職場では仲のよい同僚の結婚が決まり、いちばん年上の瑠璃子だけが独身で、家でも職場でも肩身が狭い。恵まれた環境で生まれ育っているのですが、異性には縁がなく、深く愛したことも、愛されたこともありません。

「僕から見れば、瑠璃子は奥ゆかしくて魅力的な女性ですが、それが裏目に出ている生き方をしています。思っていることが言えない、自分に自信を持てない弱さも抱えています」

 と、著者の大石圭さん。また、もうひとりの主人公である航平は、瑠璃子よりも9歳年下の24歳。ほっそりとしたスタイルのハンサムですが、実は崩壊家庭の出身。身持ちの悪い母や、腹違いの兄は常にお金に困っており、本人も含め、いわゆる底辺の生活を送っています。

 この航平がやむをえない事情から、瑠璃子に近づき結婚をチラつかせながら、お金を騙し取ろうとするのが本書のストーリー。展開だけを追えばシンプルですが、登場人物たちの揺れ動く心理や葛藤が、読者をぐいぐいと引き込みます。

20151006_book_1

「僕は犯罪者を主人公にした小説を書くことが多いのですが、凶悪犯やストーカーであっても、“絶対的な悪”にはしません。悪いヤツなのに読者が思わず感情移入してしまう、応援したくなるようなキャラクターになるよう心がけています。例えば航平も、瑠璃子の純粋さに触れ犯罪を進めていくことに悩む優柔不断さ、しかし、きっぱりと足を洗えない弱さが、魅力になっているかと思います」

 仕組まれた偶然で航平と出会い、情熱的に口説かれる瑠璃子。“こんなうまい話があるわけがない”と思いつつ、“もしかして”という、魅力的な彼に愛されるチャンスを手放せません。

「年齢をごまかしている航平が干支をとっさに言えなかったり、大企業に勤めているはずなのに名刺の渡し方がおかしかったり。瑠璃子には嘘を見抜く機会がたくさんあったのですが、それらをどんどんスルーしていきます。平凡で取り柄のない自分だけど、航平には見える、何か特別なものが自分にはあるんだろうと言いきかせているんです。でも同時に、瑠璃子は航平のために本当に魅力的になろうと努力を始めるし、精神的にもたくましくなっていきます。この、女性が事件の中で変わっていくさまは、僕がとても書きたかったところですね」

 航平を疑いながら、幸せになろうとあがく瑠璃子。“どうかうまくいきますように”と、思わず読者が祈らずにいられない、健気さを感じます。