20160209michikosama1
マニラの児童保護施設を訪問し歓迎を受けられた('62年11月)

 半世紀以上前の1962年11月、フィリピン訪問を前に記者会見で、皇太子妃時代の美智子さまは以下のような抱負を述べられた。

「以前、(フィリピンの)戦争未亡人会の方が日本に来て、靖国神社を参拝したことを覚えています。(略)どんな生活をしているか、うかがってみたい」

 皇太子(当時・浩宮)さまが、まだ2歳のときだった。

 今回、1月26日から30日の予定で天皇陛下に従い、そのとき以来のフィリピンを公式訪問される美智子さま。

「対比(フィリピン)賠償の一部がフィリピン政府から未亡人会へ割り当てられ、それを有効に使うために(日本に)みえたともうかがっており、これがどうなっているかもお聞きしたいと思います」

 当時の美智子さまはこうも述べ、第2次世界大戦で夫を失ったフィリピン人女性たちを、気にかけられていた。

 宮内庁OBが当時を振り返る。

「フィリピンを舞台にした米軍との激戦では、日比合わせて160万人以上の死者が出たといわれ、終戦から20年もたっていなかった当時、対日感情は複雑なものがありました。

 両陛下が訪問予定だった現地の大学で、デモが予定されているとの現地報道もありましたね。

 しかも昭和天皇の名代(代理)としてのこのときのご訪問は、10か月前に予定されていたものが、陛下の発熱で延期。その後もフィリピンの政情不安で延期されたこともあって、ご帰国まで緊迫した雰囲気がありました」

 結局、そんな心配は杞憂に終わり、現地で日本の若きプリンスとプリンセスは大歓迎を受けられ、フィリピンとの親善は深まることになった。そのときから53年余り─。宮内庁担当記者が、今回の経緯について解説する。

「両陛下は昨年の戦後70年を節目と考え、一昨年から激戦地だった沖縄から慰霊の旅を続け、広島や長崎などを訪問し、昨年は念願のパラオでも花をたむけられました。

 そんななか、昨年6月にフィリピンのアキノ大統領が国賓として来日しました」

 この記者が続ける。