s-yanagi0320

 『仮面ライダー ゴースト』(テレビ朝日系・毎週日曜あさ8時~)で、天然でボケ担当のムードメーカー的な存在の大天空寺の住職代理・御成役を演じて注目を集める柳喬之。そんな彼も出演する仮面ライダー45周年記念超大作、映画『仮面ライダー1号』が今月26日から公開される。

 そこで、御成役に決まるまでの経緯や作品の見どころを聞いた。

「最初は主人公・天空寺タケル役でオーディションを受けに行っていたんです。でもそれはダメで。そしたら、御成役のオーディションでまた声をかけていただきました。実は過去にもライダーのオーディションを受けたことがあるのですが、別の役で呼ばれたのは今回が初めてですね」

――主人公・タケルと御成ではキャラクターがまったく違いますが、気持ちを入れ替えるのは大変ではなかったですか?

「御成は面白い役だったので、ぜひ受けたいと思いましたね。僕自身、性格上あんまりヒーロータイプではないので、仮面ライダーという作品に関わることはできるのだろうか?と思っていたフシはあるんです。でも御成役のオーディションの話をいただいて、“こっちだ!”と」

――御成役のオーディションの際は、頭の形の良さをアピールしたと聞きました。

「オーディションでは芝居の審査もありましたが、質疑応答では頭の形の良さだけをアピールしていた気がします(笑)」

――実際に決まって、役作りで丸刈りになることに抵抗は?

「髪型にもともとこだわりはなかったですし、何より演じたいという気持ちのほうが強かったのでまったくなかったですね」

――でも今は特殊メイクとかCGのクオリティが高いので、地毛なのかどうかが一瞬ではわからないですね。

「演じているときに血管とかが浮き出たりするので、それで“地毛なんだな”と気付いてもらえるみたいです。撮影のときは毎朝、剃っていますね」

――自分で剃っているんですか?

「はい。監督から良い髭剃りをいただいて、それでやっています。その髭剃りのおかげでいまだにケガをしたことはありませんね」