s-yanagi0326-3

 『仮面ライダー ゴースト』(テレビ朝日系・毎週日曜あさ8時~)で、天然でボケ担当のムードメーカー的な存在の大天空寺の住職代理・御成役を演じて注目を集める柳喬之。

 そんな彼も出演する仮面ライダー45周年記念超大作、映画『仮面ライダー1号』が今月26日から公開される。

――デビューは大学生の時の応募でと聞きましたが、芸能界に入るには少し遅いですよね。

「遅いですよね。就活の時に九州にいて、みんなが就職活動している時に“芸能界の仕事がしたい”と思ったんです」

――中高校生の時にオーディションは受けなかったんですか?

「中高では部活のバスケットだけをずっとやっていて。東京も遠いし一人暮らしするのもなかなか現実味がなかったので全然考えてなかったですね。大学で将来のことを考えたときに一歩踏み出して、そのタイミングで東京に来てしまいました」

――憧れている人は?

「生瀬勝久さんがすごく好きで作品を見ていました。あんな役者さんになりたいなと憧れていますね。特に『TRICK』が大好きで。大学時代に放送していた『リーガルハイ』も見ていましたね。自分が好きなタイプのお芝居をされるので、御成を演じるときは意識しています」

――どんな大学生でした?

「たまにサークルのみんなで飲み会したり旅行に行ったりとか、人並みにリア充みたいな(笑い)」

――映画サークルや演劇サークルに入っていたわけではないんですね。

「友達に声をかけてファッションショーのイベントを開催したことはあります。芸能界の仕事がやりたかったので、裏方の仕事も知りたいし表の仕事もやってみたいと思って。大学のある熊本がオシャレなセレクトショップがたくさんある街だったので、そこのショップさんにお願いしたりとか、モデルさんも友達集めて会場も自分たちで借りたりして」