「スタッフからの評判はあまりよくなかったですね。名古屋弁がきついというのもあるんですが、特に若いスタッフには強くあたっていた印象。番組の進め方をディレクターの指示を聞かずに勝手に決めてしまうということもありました」(テレビ局関係者)

 ラジオの本番中に、共演するアシスタントの神野三枝さんの唇をマイクで殴ったり、左ひざを数回蹴るなどして、全治10日間の傷害を負わせたとして、不名誉なかたちで一気に全国区の存在になったのが宮地佑紀生容疑者。

 ハッキリいって「だれ?」「初めて聞いた名前」という人がほとんどと思われるけれど、愛知県に限定すれば“知らない人はいない”と呼ばれるほどの存在で、大物級の扱いを受けていた様子。地元の企業『スガキヤラーメン』のCM出演でも知られており、同地区の人々のショックはそうとう大きいみたい……。

 ん? ちょっと待って? ということは私たちが知らない“ご当地タレント”はまだまだたくさんいるのかも。そこで今回はそんな人たちを徹底取材!! あなたは何人知っていますか?

 まず、北は北海道からスタート。

 水道橋博士に“北海道のやしきたかじん”と称されたほどのパワフル&辛口トークで道民のハートをガッチリつかんでいるのが日高晤郎。

「16歳で役者の世界に入り、23歳で歌手デビュー。ラジオレポーターで知名度を上げたあと、『ウィークエンドバラエティ 日高晤郎ショー』を放送中です」(地元紙記者)

 続いては東北。この人は全国区と呼んでも差し支えない気もするけど……“元祖ご当地タレント”伊奈かっぺい。現在は主に、『伊奈かっぺい・旅の空うわの空』や『伊奈かっぺい・ことわざのわざ』(RABラジオ)など、ラジオを中心に活躍している。

 意外や意外、首都圏にだっているんです! その名もジャガー。でも人です(笑)。

20160802_local_900_1
千葉テレビの番組枠を買い取ったジャガー

「美容室や喫茶店、ライブハウスなどを経営していた実業家で、千葉テレビの枠を買い取って、自分の番組『ハロー・ジャガー』を流しています。一方で、X JAPANのメンバーをブレイク前にバイトとして雇うなど、懐の深い人物でもあるんですよ」(広告代理店関係者)

 『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)でも、千葉出身のマツコ・デラックスに絶賛された。

 今度は日本海側へ─。新潟を拠点に活動するのがヤン。『ヤンごとなき!』(UX新潟テレビ21)『Gott cha!!』(エフエムラジオ新潟)などの番組で活躍している。

「ラジオでは、放送コードギリギリの下ネタに近い発言を連発するなど、珍しいスタイルです」(地元紙記者)

 冒頭の宮地以外にも、東海地方は層が厚い“ローカル有名人王国”みたい。'72年『ミッドナイト東海』(東海ラジオ)のメインDJになって以来、同エリアで引っ張りだこなのが、つボイノリオ。『つボイノリオの聞けば聞くほど』(CBCラジオ)は、'93年から続く長寿番組。しかも、「同番組には、600通を超す投書が毎回寄せられている」(ラジオ関係者)という。