国立西洋美術館が、7月中に世界遺産に正式決定されることが濃厚だという。国内では20番目となる世界遺産の誕生を記念して、美術館や博物館の魅力をシリーズで徹底紹介。

 期間限定の企画展とは異なり、美術館が独自に所蔵する作品を展示している常設展は、行けば必ず見られるのが魅力。死ぬまでに見ておきたい美術館自慢のコレクションをアート通有名人に聞いてみた。

レアンドロ・エルリッヒ『スイミング・プール』2004年 金沢21世紀美術館 (c) Leandro ERLICH 撮影:渡邉修
レアンドロ・エルリッヒ『スイミング・プール』2004年 金沢21世紀美術館 (c) Leandro ERLICH 撮影:渡邉修

■現代美術ならここ 金沢21世紀美術館(石川県)

 洋画家としても活躍するタレント・城戸真亜子さんがすすめてくれたのは金沢21世紀美術館(石川県)。

「全身で体感できる現代美術が多いので面白いですよ。有名なのは『スイミング・プール』という作品。上から見下ろすと、下にいる人が水の中に入っているように見え、逆に下から見上げると、今度は上にいる人が水中にいる感覚が味わえます。

 『ブルー・プラネット・スカイ』は、実際の空を切り抜くというか、壁や天井で囲んでいて。毎日違う空が作品となっているんです」

 北陸新幹線が開通し、アクセスも良好に。古い街並みとあわせて、モダンな美術が楽しめる。

「現代美術ならここ! 体験する“違和感”がまさにアートです。アートってキレイで感動するものだけじゃないんです。世の中のズレを自分に引きつけて、考えるきっかけになるものでもあるんです」(美術ライターの浦島茂世さん)

■美術界の奇跡 大原美術館(岡山県)

 続いて城戸さんが挙げてくれたのが、大原美術館(岡山県)。

「ゴーギャンやエル・グレコなど、巨匠の作品がたくさん見られます。そして、美術館側で選んだ作家に住まいを提供し、そこで制作された作品を美術館で展示する試みも行っています。若手作家の支援に力を入れている点も素晴らしいです」

 そして、美術芸人であり、社会風刺コント集団『ザ・ニュースペーパー』の福本ヒデさんも、その魅力を語る。

「大原美術館にはエル・グレコの『受胎告知』が。この作品が日本にあることは“美術界の奇跡”とさえ言われています。世界三大名画のひとつですから」

■美大生のデートスポット 原美術館(東京都)

 そして、雰囲気のいい美術館だと教えてくれたのは、原美術館(東京都)。

「ここも、昔から現代美術を取り扱っています。人気の高い奈良美智さんの作品などがあります。いい企画展が多いです。古い建物のたたずまいもすごくおしゃれ。学生時代、美大生のデートスポットとしては一番人気でした(笑)」(城戸さん)

「ここはもともと、実業家の原邦造さんという方の邸宅。中庭に面したカフェもあって、くつろげます。至るところに、ちょっとした仕掛けがあるのも楽しいです。“こっちに何かあるのかな?”と思ってカチャッとドアを開けると、奈良美智さんのアトリエをイメージした作品『My Drawing Room』だったり。

 また別のスペースをのぞくと、今度は森村泰昌さんの作品があったり。遊び心にあふれています」(福本さん)

■森美術館(東京都)、川村記念美術館(千葉県)もオススメ

 城戸さんが“絞りきれない”と、迷いながらも紹介してくれたのはここ。

「森美術館(東京都)は夜10時まで開館(火曜のみ午後5時閉館)していて[※]、子どものためのワークショップなどもやっています。美術を身近に感じる第一歩を踏み出せるという意味でオススメですね。川村記念美術館(千葉県)は国内外のコレクションが豊富で、展示も素晴らしいです。

 例えば、マーク・ロスコという現代美術の作家の作品を集めた“ロスコルーム”。とても大きな作品で、あいまいな色と色の境目にスッと入り込んでしまうような、不思議な感覚に陥ります」