今年の夏は、妖怪イベントが盛りだくさん。妖怪が描かれた貴重な浮世絵や水木しげるのテーマパークなど、楽しみながら冷んやり体験をして暑い夏を乗り切ろう!

■水木ワールド全開! 東京に突如現れた妖怪テーマパーク

20160726_youkai_gegege
壁一面、妖怪で埋めつくされた「無限六角堂」。妖怪と一緒に万華鏡に閉じ込められた気分! (c)水木しげるプロダクション

 2015年11月に亡くなった漫画家兼妖怪研究家・水木しげるが描いた妖怪と触れ合える妖怪テーマパーク。古い屋敷の回廊を歩きながら妖怪たちと出会う妖怪屋敷や、あの「ぬりかべ」に会える妖怪の森など、体感型の展示が盛りだくさん。鬼太郎の誕生シーンを再現したジオラマは、そのクオリティーの高さに背筋も凍るほど。

【体感妖怪アドベンチャー GeGeGe水木しげるの大妖界】

○会場:東京都豊島区東池袋3-1-1 池袋・サンシャインシティ ワールドインポートマートビル4F 展示ホールA

○開催期間:7月26日~8月29日 10:00~18:00(最終入場17:30)

■夜の水木しげるロードで繰り広げられる妖怪たちの祭典

20160726_youkai_hakaba
水木しげる記念館の前では『ゲゲゲの鬼太郎』の野外上映会が行われる (c)水木しげるプロダクション

『ゲゲゲの鬼太郎』のキャラクターをはじめ、153体もの妖怪のブロンズ像が並ぶ“水木しげるロード”。来場者数3000万人突破を記念して行われる同イベント、開催時間はなんと夜! 暗がりの水木ロードで謎解き頭脳ゲームに挑戦したり、夏の夜空に1反(約12m)の長さの「一反木綿」が出現したりと、気になる催しがめじろ押し。

【夜は墓場で運動会】

○会場:鳥取県境港市本町5番地周辺

○開催期間:8月5日~6日 17:00~21:00

■深川の町があやかしに染まる……妖怪たちの縁日はいかが?

 東京・深川の商店街を中心に、日本の妖怪や伝承をテーマにフリーマーケットや大道芸を披露する町をあげての怪談イベント。狐の面をかぶった露天商や“ひとだまわたあめ”を売る出店など、ワクワクするようなお店がいっぱい。「浴衣でそぞろ歩きでお楽しみください!」(代表・北葛飾狸狐さん)

【深川お化け縁日】

○会場:東京都江東区三好3丁目付近 深川資料館通り商店街路上の歩行者天国

○開催期間:8月20日 17:00~20:30

※雨天時は9月22日 18:00~21:30 深川江戸資料館B1Fレクホールに変更

○主催:深川怪談実行委員会/協力深川資料館通り商店街、深川江戸資料館

■リアルからユニークまで! 立体化した妖怪たちに会える

 玩具やフィギュアなど、立体化された妖怪にスポットを当てた展覧会。作家・京極夏彦の代表作『姑獲鳥(うぶめ)の夏』のカバーに使われた妖怪・姑獲鳥の立体造形が登場することでも話題に。そのほか、江戸時代に作られた浄瑠璃の人形やお化け屋敷の人形など、360度楽しめる妖怪たちが勢ぞろい。細部にまでこだわった職人の技術に、思わず見入ってしまうこと間違いなし。

【特別展「立体妖怪図鑑―妖怪天国ニッポンpartⅡ―」】

○会場:兵庫県姫路市本町68番地 兵庫県立歴史博物館 ギャラリー

○開催期間:7月16日~9月11日 10:00~17:00(最終入場16:30)

■かっぱの手のミイラに歴史的資料……かっぱマニア垂涎の特別展

 日本で最も有名な妖怪のひとつ、かっぱ。八戸市博物館の「かっぱ展」では、関連書物・絵図はもちろん、かっぱの手のミイラや、かっぱに関する珍品を多数展示。また、期間中は「粘土でかっぱを作ってみよう」などの体験講座も楽しめる。

【八戸市博物館 かっぱ展】

○会場:青森県八戸市根城字東構35-1 八戸市博物館

○開催期間:7月16日~8月21日 9:00~17:00(最終入館16:30)/休館:月、祝翌日