鳥越「“モノより命”を保育の現場に行って痛感した」

東京都知事選に立候補しているジャーナリスト・鳥越俊太郎氏(76)=民進、共産、社民、生活推薦=は20日、JR品川駅前の街頭演説で言葉にひときわ力を込めた。

「きょう世田谷区で保育の現場を見てきました。どれだけ大変か、ということを改めて肌で感じました。保育士を目指している28歳の男性に給料を聞くと、手取り13万円という。13万円ですよ!」

毎日新聞記者を皮切りに報道番組『ザ・スクープ』(テレビ朝日系)でキャスターなどを務めた鳥越氏は“現場”から伝える。世田谷区が補助する保育室で、28歳の保育士候補生は0歳児の男児をひざの上に抱え、横から女児が泣いてすがりつき、背中には1歳3か月の男児が乗っかっていた。

「おそらく13万円では暮らしていくのにいっぱいいっぱい。本当はつらいでしょう。でも、彼は保育士の志を貫きたいと思ってやっているんです」

低賃金でもこの仕事をしたい。そんな若者の心の声が聞こえたのだろう。“取材”は進み、年配の女性保育士を含めて給料の手取り平均20万円という実態を知った。

 鳥越氏は演説で訴える。

「昔は都から補助金が出ていたそうです。しかし、ある知事(石原氏)のときに打ち切られてしまったという。道路や箱モノにかけるお金があったら人にかけようよ。ねっ。モノより命、保育の現場に行って痛感したところです」

 匿名のブログ『保育園落ちた日本死ね!!!」を国会で取り上げた民進党の山尾志桜里政調会長が応援に駆けつけ、こう言い切った。

「保育士さんの処遇を本気で解決する覚悟を持っている候補者は鳥越さんしかいない」

 鳥越氏は、待機児童問題に真っ先に手をつけるという。

鳥越氏は演説後、にこやかに聴衆と握手=JR品川駅前

小池「知恵を絞って用地を確保する」

 そんな鳥越氏に先んじて保育園を視察したのは元防衛相の小池百合子氏(64)=自民党所属。告示前の8日、江戸川区の認可保育所を訪ねた。

 舛添前知事は選挙公約で「4年で待機児童ゼロ」を掲げながら、視察は美術館ばかりで保育園に1度も足を運ばず批判を浴びた。小池氏は笑顔で園児と接した。

 立候補表明の会見で、小池氏はこう述べている。

「公園をつぶして保育所にすることにはいろいろな批判が出ています。知恵を絞って用地を確保する。都有地を貸し出して韓国人学校をつくる話は白紙。そこに保育所をつくるというのも一案です」

 働くか、子どもを持つことをあきらめるか─。日本特有の悪しき二者択一を終わらせるために、保育所の受け入れ年齢や広さの規制を見直すという。つまり、面積要件などを緩和してもっと受け入れてもらおうということ。空き家や廃校利用を考えたり、人材確保のアイデアもある。

「子育てを終えた、あるいは子育て中のお母さんがほかのお子さんも預かる“保育ママ”など、東京が先行モデルとなってやっていきたい」

 JR王子駅前の20日の街頭演説では、「アベノミクスは積み残されている部分が多いけれど、東京から引っ張っていく」などと声を張り上げた。

小池カラーをまとった女性と記念撮影。後ろはアルピニスト野口健氏=JR王子駅前