身だしなみにしても服装にしても、他人がどう感じるかがマナーの基本(撮影:風間仁一郎)
宿泊だけではなく、婚礼、会議、会合、会食など人と会うことが多いホテル。だからこそ大事になるマナーがあります。特にハイクラスホテルでの振る舞いには、迷った経験がある人も多いのではないでしょうか。チャールズ皇太子やオバマ大統領をはじめとする、「世界のVIP」をもてなしてきた老舗一流ホテル「ホテルオークラ」の元総支配人であり、『一流の品格を育てる ホテルオークラの流儀』の著者である石原直氏に、ハイクラスホテルでのマナーを、ご自身の体験を交えながらお話いただきます。

ドレスコードは「他者に不快感をあたえない」を基準に

 マナーとは何でしょう。行儀、作法などいろいろとあるでしょうが、オックスフォード辞典によると、way of behaving toward others(他人に対しての振る舞い方)という言葉がでてきます。身だしなみにしても服装にしても自分がどう思うかではなく、他人がどう感じるか、がマナーの基本ということなりそうです。

「ホテルに行くのだから上着を着なくちゃいけませんよね」などとよく聞かれることがあります。そのときに考えるべきことは、それはホテルへ行くからではなく、そこで会う人たちにどのように映るか、ということです。

東洋経済オンラインの提供記事になります

 大事なことは、きれいに着飾るとかいうことではなく、「周囲の人に不快な感じを与えない」ということです。

 よって、カジュアルなコーヒーショップに入るのには特別な服装は求められませんが、格式あるレストランでは「それらしい」服装が必要になるのです。

 それらしい、と言葉を濁しているのはそれぞれの店によって違うからです。お店の方針とそこを利用する人たちにより、お店は作られていますので、お店のTPOにあわせた服装を心がけてください。