全国の大学、会社から「講義をやって」とひっぱりだこの芸人・キングコング西野亮廣さん。“仕事の広げ方”“エンタメの仕掛け方”“イベント集客”などのノウハウを型破りな視点で語り、聴衆の度肝を抜いている。
「テレビの仕事をやめる」と宣言してから10年――。漫才師、絵本作家、イベンター、校長、村長など肩書を自由に飛び越え、上場企業の顧問にも就任しちゃった西野さん。どうやって“好きな仕事だけが舞い込む働き方”を手に入れたのか。その秘密を綴った異色のビジネス書『魔法のコンパス 道なき道の歩き方』の一部を、8月12日の発売に先駆けて特別掲載(毎週金曜更新)。第7回は前回の“ヨットのように生きる術”の続き――。
nishino_book_3

 この向かい風を分かりやすく利用したのが、2015年のハロウィンで仕掛けた“ゴミ拾いイベント”だ。

 インスタグラムなどの写真特化型のSNSの盛り上がりも手伝って、猛スピードで日本に定着したハロウィンパーティーという名の大コスプレ大会。

 こうなってくると、本音は「ただハシャいでいる奴らがムカつく」のクセに、「ハロウィンというのは、そもそも収穫祭であり、大人がコスプレをするような……」とウィキペディアで調べたような浅い知識でもって、苦言を呈する正論ジジイが必ず大量発生する。

「そもそも論」を言っちゃうと、日本の祭りなんて、ほとんど中国から来たもので、それを日本仕様にカスタムしたのが今だ。節分や七夕なんかも、もともとは中国の習俗だ。ウィキペディアで調べたので間違いない。

 日本は神も仏もいるウェルカム国家であり、節操などなく、クリスマスは恋人達の祭典で、ハロウィンはコスプレ大会でいいじゃないか。

 ジジイの小言には適当に蓋をして、日本のハロウィンはコスプレ大会として、どんどん盛り上がっていけばいい。

 ただ、祭りには必ずゴミの問題が付いてまわる。

 事実、2014年のハロウィン翌朝の渋谷は悲惨だった。

 ハロウィンパーティーで渋谷に集まった人々が捨てたゴミで、地獄的に汚れてしまった街は、新聞に取り上げられ、ワイドショーに取り上げられ、SNSで拡散され、そのネガティブニュースは、ついに海外にまで飛んでいってしまった。

 テレビをつければコメンテーターがこぞって「ゴミは自分で持ち帰れ」だの「モラルが欠落している」だの、まぁ、やいのやいの言ったが、このゴミ問題はヨットの理論でいうとモーレツな向かい風。

 ここまでの強風を消してしまうのは賢くない。

 上手く消せても元の場所に戻るだけで、前進はしない。

巨大なトラッシュアート『ゴミの木』

 ゴミが出てしまうなら、ハロウィン当日に「ゴミを出すな」と力で押し戻すのではなく、ゴミが出ることを逆手にとって、ハロウィン翌朝に“ゴミがないと成立しないイベント”を新しく作っちゃえばいい。ゴミがあればあるほど盛り上がるイベントを。

 ハロウィンの夜に街を徘徊するのはオバケだ。そのオバケが、バカみたいな量のゴミを残していく。このオバケの残骸を退治するのは彼等しかいない。

 オバケ退治のプロ集団『ゴーストバスターズ』である。

 というわけで、「ハロウィンの翌朝6時に、ゴーストバスターズのコスプレをして、ハチ公前に集合。ゴミ拾いしようぜ」とツイッターで呼びかけてみた。

 ハロウィン当日はちょうど、毎年12万人以上を動員する『東京デザインウィーク』という国内最大級のクリエイティブフェスの期間中だったので、理事の権力をフルに利用して(そう。実は俺、理事!)、集めたゴミを『東京デザインウィーク』の会場に運び、そのゴミを使って巨大なトラッシュアート『ゴミの木』を作ることにした。

 落とし所をアート作品にすることで「ゴミ拾い」から、「アート作品の材料集め」に目的が変わる。つまりボランティアで“良いこと”をするわけではなくて、“遊んだ結果、良いことになっちゃってた”という流れ。

 そして、何年後になるか分からないけれど、毎年作っている『ゴミの木』が、いつか、「今年は材料が足りなかったので木が枯れている」となれば物語として素晴らしい。