ディーン・フジオカはフォーが大好き

 東京・小岩にあるベトナム料理店『Pho’Oishii(フォーおいしい)』が、横浜で映画のロケ中だったディーン・フジオカらにフォーを提供したという。

 店長のジャン・ティ・キム・フォンさんはそのときの様子をこう笑顔で語ってくれた。

「ディーンさんは昼に2杯、夜に1杯、合計3杯食べてくれました。肉とスープをたくさんおかわりしてくれて、ビックリしたけど、とてもうれしいです」

 そんなディーンはフォーに強いこだわりがある。

「2月放送の『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBS系)で、フォー好きのディーンさんが訪れた店です。ただ、"もやしを多くしてコリアンダーを少なくして""玉ねぎのスライスはもっと薄く"などと細かい注文を連発。

 『ダメな私に恋してください』(TBS系)の黒沢主任以上のドSぶりでした(笑)。でも、店長が改良した新作をスタジオに持ってくると、"今まで日本で食べたフォーの中で1番か2番目においしい"とベタぼめしていましたよ」(テレビ誌ライター)

 放送終了後、番組から生まれた『ディーンスペシャル』を3日間限定で提供すると、2時間待ちの大行列ができた。

こちらが『ディーン・スペシャル』のフォー

「通常の牛肉フォーが800円なのに対し1500円と割高なんですが、ディーンさん監修メニューとあってファンが殺到しました。味は本物で、コリアンダーやバジルはベトナムから直輸入したものを使っています。
 
 野菜は直行便でも半分くらいダメになってしまうので、値段が高くなってしまうのは仕方ありません。あまりにも好評だったためレギュラー化が決まり、今ではすっかり人気メニューになりました」(グルメ誌ライター)