産後復帰と管理職の悩み――救いは松嶋の“清涼感”

松嶋菜々子演じるヒロインの吉良奈津子は、出産と育児休暇を経て、3年ぶりに職場復帰したワーママ (C)フジテレビ

 松嶋菜々子が“等身大”の働くママを演じて話題の『営業部長 吉良奈津子』(フジテレビ系・木曜夜10時~)。産後、職場復帰した女性が仕事と家庭の両立に奮闘する姿を描いている。

 脚本は'14年に話題をさらったドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』の井上由美子。

 今回の企画意図について、井上はこう語る。

「職場では子どものことを考えてしまい、子どもの相手をしているときには仕事が頭をよぎる……。どちらにも100%集中できず、身を引きちぎられるような感覚があるはず。

 いつの時代もその悩みはあったと思いますが、教育費や介護費用などで仕事を辞められない今、本当に大変だと思います」

 1年あまり構想を練り、脚本にあたっては、実際に働く女性に話を聞いた。出産、育休後の仕事復帰の悩みに加え、管理職に任命されて人間関係などに悩む声が多いと実感したという。

「この2つは一見、真逆の悩みに見えるのですが、どちらも女性が生涯、働くことが当たり前になってきた現代ならではの悩みです。そんな今だからこその女性の奮闘を描いて、同じように仕事と家庭の両立に頑張っている女性たちの応援歌にしたいと思いました。

 ヒロインを取り巻く状況は非常に過酷ですが、そんな試練をものともせずクリアしていく姿に爽快さを感じていただきたくて、負けず嫌いで前向きすぎる(笑)女性にしました。

 感情がすぐ顔に出たり、空気を読めない欠点はあるのですが、周囲の顔色を見て空気を読まなければいけないことが多い今、彼女のようにストレートに相手に向かっていく女性は、人を引っ張る力があると思います」