《今井舞が夏ドラマをメッタ斬り!》「とりあえず消費税率より上なら合格というのが今のドラマ界の感覚なんですかね」と、アキレ顔なのはコラムニスト・今井舞さん。今クールも中盤にさしかかったところで、この夏に放送されているドラマを余すところなくバッサリ斬ってもらいました。おなじみの辛口批評が炸裂しています。

「初回視聴率(12・4%)では、北川景子の『家売るオンナ』(日本テレビ系)がトップですけど、不動産業界の裏話やお仕事的な内容は全部排除。1話完結で老若男女が気楽に楽しめる作りになっています。

 "私に売れない家はない"と無表情で言い放つ北川が、ブスでやる気ゼロのイモトアヤコや、純な工藤阿須加といった部下をこき使い、凡庸な上司の仲村トオルをオロオロさせながら、わかりやすく問題解決。

 『家政婦のミタ』とある種同じ手法で、独自の世界観で快刀乱麻に話が決着する作りになっていて、深く考えず見たい層にはうってつけ。SNSを楽しむのと同じレベルまで敷居を低くすることで、集客率を高めることに成功。昔ながらのドラマ好きから見ると"これが今シーズン№1の高視聴率作品?"と首を傾げたくなりますが」

『好きな人がいること』:携帯恋愛ゲームのような仕上がり

『好きな人がいること』(フジ系)に出演している桐谷美玲

 同じような層を取り込もうとしているのが、『好きな人がいること』(フジテレビ系)だそう。

「優しい三浦翔平、ドSな山崎賢人、やんちゃな野村周平というイケメン3兄弟に囲まれるドジな桐谷美玲がなぜかモテモテという、少女マンガでおなじみの設定。さらに面倒な描写は全部すっ飛ばして、胸キュンシーンだけの抜粋に特化。

 今の視聴者はドラマの余韻部分なんか見ちゃいませんから。結果、ドラマというより、携帯恋愛ゲームのような仕上がりに。大の大人が、面白くないとかつまらないとかマジメに批評するのもためらわれる、そんな作品です」

 滝沢秀明と武井咲が不倫ドラマに挑戦した、ティファニー全面協力という『せいせいするほど、愛してる』(TBS系)は、「ラブストーリーとして一切、身を委ねられない!」と、バッサリ。

「お互いが好きになっていくきっかけが安易で、物語の稚拙さに感情移入できない。超高額のハイヒールをプレゼントとか、ヒロインを突然お姫様抱っことか、まるで往年の石田純一みたいな古いハンサムとして捌かれるタッキー。