全国の大学、会社から「講義をやって」とひっぱりだこの芸人・キングコング西野亮廣さん。“仕事の広げ方”“エンタメの仕掛け方”“イベント集客”などのノウハウを型破りな視点で語り、聴衆の度肝を抜いている。
「テレビの仕事をやめる」と宣言してから10年――。漫才師、絵本作家、イベンター、校長、村長など肩書を自由に飛び越え、上場企業の顧問にも就任しちゃった西野さん。どうやって“好きな仕事だけが舞い込む働き方”を手に入れたのか。その秘密を綴った異色のビジネス書『魔法のコンパス 道なき道の歩き方』8月12日、発売になりました。この本の一部を特別掲載します。(毎週金曜更新)
nishino_book_3

 彼は、お金持ちじゃないけど、「信用持ち」なのだ。

 信用の面積がバカみたいに大きいから、数値化(お金化)した時の額が信用の面積に比例して大きくなる。

 さて、「お金の正体」を知って、具体的にどのように可能性が広がったのか?

 くれぐれも言っておくけど、ここからの話は「お金儲け」の話ではないッス。

「お金の正体をキチンと把握しておけば、今の時代、こういう可能性があるよ」という話。

 僕は、お金を「信用の一部を数値化したもの」と定義している。

 僕が普段遊んでいる連中の中に、「ホームレス小谷」という男がいる。

 そういう芸名でタレント活動しているわけではなく、ガチンコのホームレス。もちろんホームレスなので家はないし、お金もない。歳は33歳ぐらいだと思う。

 これだけ聞くと悲惨な人生なんだけど、どっこい、ホームレス小谷は毎日とても幸せで、ホームレスになって3年で20キロ太って、美人の嫁さんまで貰っちゃった。

 お金は「信用の一部を数値化したもの」という「お金の正体」のヒントは、このホームレス小谷にある。

1日50円で自分を売る

 ホームレス小谷の生き方は実に単純だ。インターネット上に自分の店を出し、売るモノがないから「自分の1日」を売り、それを収入源にしている。買われたら何でもする。草むしりでも、引っ越しの手伝いでも、ヌードモデルでも、何でもする「なんでも屋」。

 ショップを出した最初の1か月は「オープン記念特別価格」で1日100円。1か月が過ぎ、通常営業に入ると、1日50円。「オープン記念特別価格」のほうが高かったのだ。とにかく小谷の値段は今日も1日50円である。

 丸1日働くのだから、普通なら7000~8000円、または1万円という感じで“労働時間相応の値段”に設定しそうなものだが、このホームレスは徹底して50円を貫いている。どれだけ働いても50円。自分人身売買の自分向けブラック企業で、その社長が一番理不尽な目に遭っている。

 実は、ここにカラクリがあって、たとえば草むしりの依頼で朝から昼まで草をむしったとする。そうすると、購入者は「これだけ働かせて、さすがに50円は申し訳ないな……」という気持ちになり、ホームレス小谷に昼ご飯をご馳走する。

 ホームレス小谷は昼ご飯をバクバク食べた後、また夜まで草をむしるむしる。

 次に購入者は「朝から晩まで働いてもらって、50円はオカシイだろうっ!」と夜ご飯をご馳走する。昼と夜、一緒にご飯を食べたら、すっかり仲良くなっちゃって、「小谷君、軽く呑みに行こうよ」という話になり、ホームレス小谷の購入者は呑み代も支払う。

 結局、購入者はナンジャカンジャで50円以上支払っているんだけれど、あとに残るのは50円と、“こんなに働いてくれて本当にありがとう”という恩。つまり、信用だ。

 最初の値段設定を1万円にしていたら、これは生まれない。

 ホームレス小谷は、この調子で毎日自分を50円で売り続け、毎日毎日、お金ではなく「信用」を積み重ね続けた。