美智子さまがお近くにお控えになるなか、お気持ち発表の収録に臨まれる陛下

 8月22日(日本時間)、ついに閉幕したリオ五輪。天皇ご一家の近況について、

「天皇・皇后両陛下も皇太子ご一家も、お忙しい合間をぬって、テレビのニュースなどでリオ五輪での日本選手の活躍ぶりを見て、お喜びになっていたそうです」

 と話すのは宮内庁担当記者。

 日本勢のメダルラッシュに沸いたリオデジャネイロオリンピックだが、両陛下と皇太子ご夫妻は4年後を見据え、感慨をもってご覧になっていたかもしれない……。

 約11分間の「象徴としてのお務めについての天皇陛下のお言葉」がビデオメッセージとして発表されたのは、大会4日目の8月8日。

 皇太子さまは、公務先の名古屋駅の貴賓室内で、雅子さまと愛子さまはお住まいのテレビで15時からの放送をご覧になっていたという。

「お言葉の中で『生前退位』という言葉は出ませんでしたが、存命中に皇位を次の世代に譲りたいというお気持ちや、象徴天皇制への思いがにじみ出る内容となりました。

 また、美智子さまやご家族を気遣う言葉もありました」(宮内庁担当記者)

 憲法や皇室典範に規定がない天皇の生前退位というお気持ちの表明について、多くの意見が出されたが、

「今後の陛下の退位や、新天皇の即位の道筋を考えると、今回の陛下のお気持ち表明はギリギリであり、かつ絶妙のタイミングだったと言えるかもしれません」

 と話すのは、宮内庁OBで皇室ジャーナリストの山下晋司さん。