映画『後妻業の女』で詐欺師コンビを演じた大竹しのぶと豊川悦司 撮影/廣瀬靖士

 シルバー世代の“恋愛”“結婚”を描いた映画『後妻業の女』で、男を騙す詐欺師のペアを演じているふたりに、高齢者の婚活事情について語ってもらった。

大竹「後妻業って、もともとあった言葉なのかな? 私知らなかったから、すごい“仕事”だなって」

豊川「(原作の)黒川さんが作った言葉ではないみたい。もともとあるみたいだね。殺人までいっちゃうと問題だけど、『後妻業』という仕事も必要悪としてあっていいのかな、と思っちゃいました(笑)」

大竹「いちばん幸せなのは若いときに結婚して、いろんなことを乗り越えて、一緒に過去を振り返られることなんでしょうけどね……」

大竹「昔だと“いい年して恥ずかしい”というのがありましたよね。ただ、今は寿命が延びているから、感覚も違うだろうし……。やっぱり誰かのそばにいたいというのはあると思いますよ。私は母も子どもも一緒にいるから、寂しさはそんなにありませんけどね」

豊川「そうだね。愛人クラブとは違って、男性のほうは真剣に妻を求めているわけだからね。これからの時代は、高齢者でも愛とか恋とか性に身を置くべき時代だと思うし、実際そうなっていく気がしますね。

 そのうち、世代別のFacebookとかができて、70代以上専用のページとかね(笑)。そこで友達申請をして知り合いになって……、なんてとても素敵なことじゃないですか」