8月下旬、miwa似の20代美女の肩を抱き寄せたまま、友人のマンションへと向かう川谷

 8月下旬の深夜、東京・三軒茶屋にあるダーツバー『P』に男性2人、女性3人が次々と入っていく。男性の1人はロックバンド『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音。彼がお店を貸し切っていたようだ。ドアは二重になっており、中の様子をうかがうことはできない。

 外部を完全にシャットアウトできるので、プライバシーを守るにはもってこいの造りなのだ。

「テキーラやイエガーマイスターなどのお酒をショットグラスでガンガン飲み、カラオケで大盛り上がり。川谷さんは自分の歌も歌っていたそう。6万円以上になった飲み代は、川谷さんが全額支払ったらしいです」(常連客)

 なぜ川谷がこのダーツバーを貸し切っていたのだろう。

「昔、店長が芸能界で働いていたこともあったつながりで絵音クンと友達なんです。店長は、絵音クンを“マブダチ”と言っているくらい仲がいいですね。だから彼からの貸し切りの要望があればできる限り応えています。

 貸し切りじゃないときにも絵音クンが来店することもよくあるんです。そのときは店長が常連の方たちに“騒がないであげてね”と伝えています。お客さんが少ないときにはバーカウンターの中に入って、お酒を作ったりもしていますよ」(バー関係者)

 2年半前にオープンしたこの店は毎夜20代の若い客でにぎわっているという。

「会員制ではないのですが、歌手のお客さんも多いですよ。清水翔太さんや青山テルマさん、EXILEのNESMITHさんが来ているのを見たことがあります。朝5時以降も営業しているので、不規則な生活のアーティストにとっては来やすい店ですね」(前出・常連客)

 つい最近も、川谷がインスタグラムに《久々飲んだ》とコメントしつつ、写真をアップしたことがあった。

「グラスを持ったきゃりーぱみゅぱみゅさんが写っていたんですが、そのときのお店もこのダーツバーだったんです。川谷さんは、知り合いのお店であれば騒がれることがないからと安心して通っていますね」(前出・常連客)

 この宴が終わったのは、空が明るくなった朝6時ごろ。ハメをはずしすぎたようで、川谷は泥酔状態。店長の妻を含む女性3人と一緒に店から出てきた。彼は20代前半のmiwa似の美女に寄りかかり、肩を抱き寄せた。