今年で4度目となる、夏のソロツアーのファイナルを8月25日の国立代々木競技場で迎えた2PMのJUNHO。ステージの構成や演出から披露した曲の作詞・作曲まで、すべてを本人がプロデュースした。さらに表現力が増し、アーティストとしてひとまわりも、ふたまわりも成長した“HYPER”なJUNHOの姿と、会場との一体感を感じることができたアツい2時間半をレポート。

 7月8日のZepp Nambaからスタートした、5都市12公演をまわる全国ツアー『JUNHO(From 2PM)Japan Tour 2016“HYPER”』。1万2000人の熱気が充満している代々木競技場が暗転すると、大歓声とともに彼のイメージカラーである黄色のペンライトが激しく揺れる。

 メインステージのモニターに“ROUND1”という文字が表示されるとすぐに、アリーナ中央に設置されたボクシングリングを想像させるセンターステージにJUNHOが登場! 

 オープニングにピッタリな爽快なビートの『FEEL』から、好成績を残した最新ミニアルバムのタイトル曲で疾走感あふれる『DSMN』に続き、ヴァンパイアがコンセプトの『毒(On your mind)』まで、メインステージへ移動しながら、玉のように流れる汗とともに激しいダンスナンバー6曲が続く。

 ステージが暗転し、ここでMC? と思いきや、映像をはさみバラードタイムに突入! 電飾で飾ったグランドピアノの上で、ひと夏の恋を歌ったかのような『Instant love』や、別れを予感させる彼女のことを思う男心に聴くこちらも胸が苦しくなる『Insomnia』、JUNHOのピアノの弾き語りからはじまった『最後に』と3曲を熱唱。

「みなさん、“イ・夏(本名のイ・ジュノにかけて。ジュノ=夏)”を待っていましたか? 僕も待っていました! いつの間にかファイナル公演を迎えました。寂しいですね。スタートしたのが昨日のように感じます」と、本日、最初のご挨拶。

「スタートから40分くらい踊ったり、歌ったりしてきたので、15秒休ませていただいていいですか。その間、みなさんは隣の人とノリノリな感じで挨拶してください(笑)」と、会場を沸かせながら、水を飲みひと呼吸置くと本格トークがスタート。

「今回は、ツアータイトルのように、ノリノリでいっしょに楽しめる構成の“HYPER”なコンサートにしたくて頑張りました。会場に入った瞬間から、まるでボクシングの試合の会場に来たような緊張感やドキドキを表現ようと思って(センターステージを)リングのように飾ってみたんです。『DSMN』のミュージックビデオは、ボクシングをモチーフにしたものだし」

 台本を手に話を続ける。

「ステージでは、僕が持っている致命的な魅力。これ(台本)僕が書きましたけど、恥ずかしい(笑)。致命的な魅力を表現してみました」と、ちょっぴりテレながら語るJUNHOに歓声があがる。