「あの曲を知らない子どもやママはいないと思います。でも、急にブレイクしているのが不思議。だって、昔から保育園や児童館では当たり前のように流れていたから」

 そう話すのは、都内に暮らす小学生の子どもを持つ30代の主婦。

「あの曲」とは「エビ!」「カニ!」と歌いながら踊る『エビカニクス』のこと。作詞作曲をし、歌っているのは、ともに幼稚園教諭の資格を持つ女性2人組ユニット「ケロポンズ」だ。

ケロポンズは増田裕子(ケロ・右)と平田明子(ポン・左)からなるミュージック・ユニット

 1999年に「ケロ」こと増田裕子さん(54)と、「ポン」こと平田明子さん(48)で結成。

 以来、ファミリー向けのコンサートやイベントに引っ張りだこの存在でもある。

「『エビカニクス』は、2002年に発表してから、じわじわと保育園・幼稚園の先生や子どもたちの口コミで広まっていきました。とはいえ、曲だけがひとり歩きする状態で、私たちのことを知っている人は少なかった。4年前に動画をYouTubeに公開したことで、爆発的に広まったんです」(ケロ)

 それが評判となり、今年7月には大手レコード会社からこれまでの楽曲のベスト盤を発売し、話題となった。

「それまでは“エビカニクスを歌っている人”だったのが、『ケロポンズ』として覚えてもらえるように。最近は小学生になるうちの娘のクラスメートからサインをねだられたり、近所の店のおばちゃんから野菜をプレゼントされたり、14年前の曲が今になってこんなに反響を呼ぶなんてビックリです」(ポン)