碧空(みらん)、星凛(あかり)、奏夢(りずむ)、輝星(べが)……など、'16年上半期のキラキラネームランキングが発表された。全然読めない名前に頭を抱えることも多い反面、テレビで見かける若いタレントなどには、おじいちゃん、おばあちゃんにもおなじみの、古風な名前『しわしわネーム』が増えている。最近の名付けの風潮とは――。

「学校の同級生に愛瑠(える)くんという子がいました。学校や習い事で、名前の読み方を初見でわかってもらえないので、本人は困っていましたよ。陸上の試合に出るときは、競技プログラムに名前が載ることを、心底嫌がってました」

 と振り返るのは、20代の会社員女性。このところ日本では、奇抜で個性的な“キラキラネーム”が増えている。

 8月初旬にリクルーティングスタジオが発表した『2016年上半期のキラキラネームランキング』では、1位に「碧空」がランクインした。この名前の読み方は、「あおぞら」「あとむ」「そらと」「りく」「そら」「みく」「あおい」「みらん」と多岐にわたり、漢字の意味+響きのよさで命名されているようだ。

「キラキラネームは今に始まったものではなく、戦前からありました。明確な線引きはありませんが、派手で難読な名前が急激に増えたのは、昭和から平成の初めにかけて。年々、増加しています」

しわしわネームな門脇麦、広瀬すず

 と生活総合情報サイト『All About』で赤ちゃんの命名・名付けガイドを務める牧野恭仁雄さん。少しずつキラキラネームが増え続けているが、最近、テレビの中で躍動する若い世代の中には、逆の動きがあるようだ。

「広瀬すずさんや神木隆之介くん、二階堂ふみさんなど、古風な名前だと感じる方の活躍が目立つようになりました」(芸能プロ関係者)