『Choo Choo TRAIN』誕生秘話

デビュー25周年を迎えたシンガー・ソングライターの中西圭三 撮影/森田晃博

 “ときめきを運ぶよ~♪”

 ZOOやEXILEが歌い、幅広い世代に愛される国民的ソングとなった『Choo Choo TRAIN』。この曲の生みの親でシンガー・ソングライターの中西圭三が、曲と同じく今年デビュー25年を迎えた。

「よく人が言っているのを聞いて、またまたと思っていましたが、本当にあっという間の25年でした(笑)」

 '91年3月にメジャーデビューを飾った中西。当時放送されていたダンス番組に曲を提供したことがきっかけとなり、新人アーティストのZOOを大抜擢したJRのコマーシャルソングを手がけることになる。

「担当の方から “ちょっとリゾート感のある、アウトドアを感じられるダンス曲を作ってほしい。タイトルは『Choo Choo TRAIN』で”と先にリクエストをいただいてから作業に入りました」

 電話で依頼を受けてから、あっという間にメロディーができあがったことを覚えているという。

「“(サビの)タラリララ タラリラ ラララ”のラララの部分に“Choo Choo TRAIN”がハマるなと思って、すぐにデモテープを作って送ったらOKが出た。当時は、余計なことを考えず、純粋で、無邪気さ全開だったんじゃないですかね(笑)」

 コーラスでも参加していたため、どれだけの人が聴いてくれるかが気になりレコードショップへ行ったそう。

「横浜の馬車道のレコード屋さんだったと思います。星飛雄馬のお姉さんのように柱の陰からこっそり見て(笑)。この人も、あの人も買っていったと。まさに飛ぶように売れていきました。あの光景は、すごく印象的でしたね」

 もうひとつ、強く心に残っているのがZOOの初ライブ。

「自分の曲でたくさんの人が盛り上がっているのを見るのは、初めてのこと。イントロがかかった瞬間から5000人が総立ちになって会場が揺れた! ということを感じさせていただいて、これはすごい現象だと感動しました」