「ニコラオスの嘲笑」第12巻が、2月24日より各電子書店で配信開始します!

〈あらすじ〉
ようやく見つけた「逃げた少年」の話は容疑者・加治清の犯行を固める証拠になるとはいえず、刑事・森村つぐみはますます清の逮捕に疑問を持つように。一方、清は松下係長に恋人・田原まりもの取り調べを持ちかけられて激しく動揺する。そしてついに、そのときがやってきた……。

収録内容:
「生駒薫平、再登場」
「事件に対する、それぞれの思い」
「松下係長と清の根くらべ」
「ナイフと少年」
「こんな生き方をオレは望んでいたのか!?」
「小倉雅文の決断」
「自供」
「清、自供の報告」
「清、自供の波紋」
「ほかに犯人がいる!!」

※各巻10話収録、第1巻は無料配信中です。
※Amazon Kindle、楽天koboなど、ご利用の電子書店で「ニコラオスの嘲笑」を検索の上、お求めください。