映画『真田十勇士』に出演する松坂桃李 撮影/伊藤和幸

 映画『真田十勇士』でクールな天才忍者・霧隠才蔵を演じる松坂桃李。

「もう、“お~! 中村屋!”って思わず声が出そうなくらい、(中村)勘九郎さんの演技は大迫力でした。そんな勘九郎さんと一緒に芝居ができて、すごく贅沢な時間でした」

 実は2014年に行われた舞台版でも同じ役を演じた。

「時間がたってから同じ役をやるっていうのは、最初はすごく不安でした。“えっと……どうだったっけ”みたいな(笑)。でも、舞台版と同じキャストの顔が並んだり、舞台で言っていたセリフが劇中で出てきたりして、だんだんその不安感はなくなりましたね」

 舞台版の演出に引き続き、今回映画を手がけたのは堤幸彦監督! 松坂は台本を読んだ時点ですでに“面白いものになる”と確信したというが……。

「でも、読み進めていくうちに(才蔵が)“馬と一緒に駆け抜ける”とか“空を飛び、敵の首をはねる”って書いてあって、あれ……無理かもしれない、と(笑)。

 僕は忍者の役なので、馬には乗らないんです。撮影ではまさかの“馬と同じスピードで走る”っていう(笑)。ワイヤーアクションで空も飛びましたよ!」