バーカウンターで50歳男性(右)の隣に座る小泉

 9月中旬、東京・中目黒のバー『P』のカウンターの隅にはすでに酔いのまわった様子の男女が。声が大きいので、会話が聞こえてくる。

「そうじゃないって!」

「そうかな?」

 と強い口調で言い合うふたり。一見ケンカをしているようだが、親密な関係だからこその乱暴なやりとりだということがわかる。時折立ち上がり、音楽に合わせて揺れながらグラスを傾けていたのは小泉今日子。

 その姿を隣で見守るのは豊原功補。お互いに自然に気遣う振る舞いは、まるで長年連れ添った夫婦と見違うような空気感だ。

「’15年3月に『フライデー』が小泉のマンションにふたりが連泊したのをキャッチしています。仕事の相談をしたことがきっかけで付き合い始めたのでは? と、言われましたが、交際の事実は認めていませんでした」(ワイドショースタッフ)

 ふたりの共通の知人らしい50代男性も加わり、一緒にモノマネ話で盛り上がる。

「世良公則のモノマネやってたやついたな。あとね、チャゲアスもいたわ。すぐチャゲアスやるやつとかいたね」

 豊原が話すと、小泉はギャハハハと大笑い。たわいのない話だが、ジャスト50歳のふたりには、’80年前後の音楽の話題がツボのようだ。