9月18日、『目黒のさんま祭り』にシークレットゲストで呼ばれ、挨拶をするタモリ

 9月19日の『ミュージックステーション ウルトラFES 2016』(テレビ朝日系)は10時間の生放送。オープニングトークでは、司会のタモリにちょっとした異変が。

「いつもどおりの軽妙な会話なんですが、声がガラガラだったんです。明らかにのどを痛めてしまっていて、相手役の弘中綾香アナも困り顔でしたよ」(テレビ誌ライター)

 体調不良かと心配する声もあったが、実は元気すぎたことが理由だったみたい。前日には、思わぬ場所でハシャいでいた。

「ビックリしました。さんま祭りの会場に、突然タモリさんが現れてハッピ姿で挨拶したんです。“さんま1匹のためにこんなに人が集まるなんて、戦後はまだ終わっていないんですね”と笑わせていました。

 シークレットゲストだったので、出席した目黒区議会議員も知らなかったみたいです」(祭りに参加した女性)

 さんまといっても明石家さんまとは関係なく、東京・目黒で毎年行われているさんま祭りのこと。落語の演題『目黒のさんま』にちなんだもので、今年で21回目となる。宮城県気仙沼市から届いた5000匹のさんまが無料でふるまわれる人気のお祭りだ。