映画『男はつらいよ』では、寺男の源公としてファンから愛された佐藤蛾次郎。そんな彼の妻が、7月に多発性骨髄腫のためこの世を去った。妻の闘病だけでなく、家族ぐるみの付き合いだった山田監督や寅さんファミリーとの交流裏話まで語った貴重なインタビュー。
元女優・和子夫人が68歳で急逝──。亡き妻の店「蛾次ママ」で思い出を語る佐藤蛾次郎

「カミさんが亡くなってから、猫3匹とひとり暮らしだよ」

 そう寂しそうに語るのは、映画『男はつらいよ』シリーズの源公など、個性派俳優として知られる佐藤蛾次郎。

 43年間連れ添った妻で元女優の和子夫人が、7月30日に多発性骨髄腫のため、68歳でこの世を去ったのだ。

「1年以上前から、カミさんは背中が痛いって言ってたんです。あまりによくならないんで、昨年7月に医療センターに行ったら多発性骨髄症という血液の病気ですと。医者はあと2年くらい大丈夫だっていうから、まだまだだと思っていたんだけどね……」

 病がわかってから1か月後に抗がん剤治療をスタート。医師に余命を告げられたときの気持ちをこう振り返る。

「“2年”と言われたときは、ホントに嫌だった。夫婦は一生ずっと一緒にいると思っていたから。カミさんは今まで大きい病気をしたことがなかったんですよ。腰が痛いって言ってたときも、骨粗しょう症じゃないかって思ってたくらい。

 オレは直腸と大腸と2回がんになっているんだけど、どこにも転移してないの。鼠蹊(そけい)部のヘルニアもやっているし、心臓もやってる。血管のバイパス手術ね。だから、カミさんは俺のほうが危ないと思っていたの。だけど、カミさんのほうがこんなことになっちゃうんだよなあ……」

 何種類もの抗がん剤治療を続けながら、和子夫人は大好きな自分の店に立ち続けた。だが、病魔は徐々に和子夫人を蝕(むしば)み、7月11日には体調悪化で入院してしまう。

「カミさんが入院してからは毎日、病院に寄ってから仕事に行きました。7月7日から『制服捜査3』(TBS系)のドラマのロケで八戸に行ってたときは、“何でパパいないの?”って言ったらしい。ロケが終わってすぐに帰ったんだけど、カミさんにはもう管が入って話せない状態だったね。だから、カミさんとの最後の会話は“仕事ちゃんとしなさいよ”だったかなあ」