大会組織委員会会長の森喜朗

 9月21日、’20年東京オリンピック・パラリンピック旗の掲揚式が東京都庁で行われた。そして、同日にデビュー22周年を迎えたジャニーズアイドルグループTOKIOが同式典に出席。

 レプリカフラッグを都内、そして全国巡回させる『フラッグツアー』のスペシャルアンバサダーに都から任命されたのだ。

 リオ五輪の取材で、現地に渡った山口達也は、

「4年後にはリオの熱が東京に来ると思うとワクワクします。盛り上げていけるよう、お手伝いします!」

 背負う大役に鼻息が荒い。

「“TOKYO”の外国人なまりがグループ名の由来である彼ら。また『ザ!鉄腕!DASH!!』(日テレ系)でガテン系イメージも強く、全国巡回はたしかにピッタリでしょう。でも、いまさら感は否めません」(芸能レポーター)

 たしかに4年後といえば最年少の長瀬智也は42歳、リーダー城島茂に至っては50歳を迎える。もっとフレッシュな人材、根本を言えばジャニーズタレントではなくてもいいような気もするが……。

「TOKIOはいわゆるJ副社長“派”で、しかもメリー喜多川副社長のお気に入りだとも。いまオリンピック・パラリンピックにジャニーズがじわじわと侵食し始めています」(前出・芸能レポーター)

 そんななか、ジャニー喜多川社長にとって一番の狙いは“本丸”オリンピック。’13年9月に東京招致が決まると即、年末に『JOHNNYS 2020 WORLD』公演を立ち上げた。