ツイッター上で多くのフォロワーを抱え、発言に影響力のあるツイッターユーザーのことを“アルファツイッタラー”という。

《今、コブクロの小さい方が「涙という字には『戻』、泣くという字には『立』が入ってますよね。きっと、人は立ち戻るために泣くんですよね」みたいな話をしてて、ああ、私はコブクロのこういうところが大嫌いなんだ、って再確認しました》

 このツイートをきっかけに話題となった、“深爪”さん。現在11万人以上のフォロワーを抱え、芸能ネタやドラマへの鋭いツッコミに人気急上昇中。その人気は電子書籍を発売するまでとなった。ツイッターでは明かされていないその素顔に迫るため、深爪さんに会ってみた。

“深爪”さんの電子書籍。左が『深爪な愛とセックスのはなし』、右が『深爪な家族と人生のはなし』

──電子書籍の2作目『深爪な家族と人生のはなし』では、よりパーソナルな知人や旦那さんの話が出てきていますが、周りの方からの反響は?

「夫は、ネット上で匿名で何かをすることをめちゃくちゃ気持ち悪がる人なので、やめてほしいと言われていたんですけど、電子書籍を発売したりしてお金が発生するようになってからは『ぜひとも養っていただけるレベルまで頑張ってほしい』と言われるようになりました(笑)。彼は私にあまり興味がないのでツイートを見ていないとは思いますが、見られている前提で書いていますよ」

──過激な話をツイートしているので、直接お会いするのは難しいと思っていましたが知的できれいな方で驚きました。

「いえいえ、私なんてただのババアですよ(笑)。直接お会いすることに抵抗なくはないですけど、何事も経験なので。ただ、リアルの友達で1人だけアカウントを教えている子がいるんですが、普段のままだねって言われるのであんまりギャップはないんだと思います」

──好きなブロガーやコラムニストはいますか?

「ナンシー関さんが好きだったので、ご健在のころはずっとドラマコラムやテレビコラムを読んでいましたね。最近はテレビコラムというとナンシー関さんを意識している人が多く、どうしても比較してしまうので読んでいないです。彼女を超える人はいないですね」

──深爪さんといえばコブクロをいじるネタが有名ですが……。

「コブクロが嫌いなわけではないんです、むしろ面白いと思っていますよ! テレビに出てると“ネタにできるかも”と思って見ちゃったり。本当に嫌いだったら書きたくもないし怨念が出ちゃうから笑えないと思うんですよね。笑えない悪口ってただただ嫌な気持ちになるので」