ドラマ、配信、コミック、SNS、オリジナルベストアルバム、ドームツアー、映画。EXILE TRIBEが仕掛ける世界初の総合エンターテイメントプロジェクト『HiGH&LOW』。

 ドラマから映画へと続く作品で、雨宮兄弟の次男・雅貴をTAKAHIROが、三男・広斗を登坂広臣。そして、劇場版第2弾となる『HiGH&LOW THE RED RAIN』からは、ふたりの前から姿を消した長男を斎藤工が演じている。

『HiGH&LOW THE RED RAIN』で雨宮兄弟を演じるTAKAHIROと登坂広臣 撮影/廣瀬靖士

──おふたりが兄弟役を演じると聞いたときは?

TAKAHIRO:もともと飲みに行ったり、プライベートな時間を一緒に過ごすことが多かったので、HIROさんが兄弟役はどうかと提案してくださったんだと思います。僕らだけではなく、ほかのメンバーも、個性や性格、持ち味でもある、いいところを生かせるように配役してくださいました。

 なので、ふたりで役作りをどうするかと特別に話し合うこともなく、自分たちで言うのもおこがましいのですが “あうんの呼吸” で演じられました。すごく自然に、違和感なく臨むことができたかなと思います。

──雅貴は、女性に弱く、ちょっとおっちょこちょいなところがある面白いお兄ちゃん。広斗は、クールで1度キレると兄の言うことも聞かない弟ですね。

登坂:面白いって(笑)

TAKAHIRO:あれは、台本のせいです(笑)

──女性が好きで、ユーモアのセンスがある?

TAKAHIRO:はい。そこは、日ごろの僕とは大きく違うところですね。真逆かな。

──クールで話を聞かない弟というのは、登坂さんそのもの?

TAKAHIRO:それは、そのままですね(笑)

登坂:そう思います(笑)