世界一日本の歌がうまい外国人を決める番組『のどじまんTHEワールド』で、過去最多となる3度の優勝を記録したニコラス・エドワーズ 撮影/高梨俊浩

 SMAPの中居正広が司会を務める、世界一日本の歌がうまい外国人を決める『のどじまんTHEワールド』(日本テレビ系)で、過去最多となる3度の優勝を記録。プロが絶賛する歌唱力と、群を抜いたルックスで女性の心をがっちりつかむニコラス・エドワーズが、シングル『Freeze』(10月19日発売)をリリース。今作では、作詞も担当している。

「気づいたら、女性の魅力にハマって、抜け出せないほどに追い込まれていた……恋におぼれた男性をモチーフに歌詞を作らせていただきました。同じ経験したことがあるか? どうですかね?(笑)。僕、日本語が素晴らしいと思うのは、物事をミステリアスに終わらせることができることだと思います」

 微笑みを浮かべる。3歳のとき、ギタリストの父の誕生日にバースデーソングを歌い、拍手をもらってから歌手を夢見るように。その後、日本語の魅力に強く惹かれ、日本にホームステイしたことが転機となった。

「15歳で初めて日本に来たとき、大げさな話かもしれませんが“ここが自分のいるべき場所だ”という感覚があったんです。歌が好き、日本語が好きなら、日本で歌手になるしかない。高校を卒業した翌日、17歳で日本に来ました」