片岡愛之助と盛大な挙式をし、晴れて梨園の妻となった藤原紀香。愛之助のサポートを第一優先に、自分の仕事も続けると話したが、これには「梨園の妻としての資質がない」なんて声も上がっているそう。そもそも“梨園の妻”って、いったい何? どんな人がいるの? 一般社会とはちょっぴり異なる、“梨園”の世界を覗いてみると、妻たちの苦悩があった――
梨園の妻たち。左上から時計まわりに、三田寛子・小林麻央・扇千景・富司純子。扇は坂田藤十郎の不倫を一蹴。富司は女優に復帰している

 10月3日から東京・新橋演舞場で公演がスタートしたのは、先日、結婚式を終えたばかりの歌舞伎役者・片岡愛之助の主演舞台『十月花形歌舞伎 GOEMON』。

 初日から多くの人が観劇に訪れたが、舞台のほかにもお楽しみが。ラブリンの妻・藤原紀香の“梨園の妻”デビュー日でもあるからだ。

「開場直後は彼女のもとへ人が殺到して一時は大パニックに。ロビーでご贔屓筋や来場客の対応を行っていましたが、初日の感想を求められると、冒頭のように返し、梨園の妻に徹している様子でした」(スポーツ紙記者)

 梨園とは─。唐の玄宗皇帝が、宮中にある梨の庭園に子弟や宮女を集めて、舞踊や音楽を学ばせたということから転じて演劇界、特に今の日本では、歌舞伎界のことを指す言葉になっている。

「梨園とは、古いしきたりや格式を重んじるところ。一般の人の生活が洋式になってきた今の時代では、驚くような決まり事も少なくないと思いますし、梨園の妻がやるべきことは、実はたくさんあるんです」

 こう語るのは、芸能レポーターの石川敏男さん。紀香と愛之助の結婚には当初、一部で批判の声が上がっていたのも、これが原因だった。