いじめ被害を訴えていた、仙台市立中1年の男子生徒が2014年9月に自殺した。遺書はない。「加害者」とされ、遺族から損害賠償を求め訴えられた少年たちは全員、いじめを否定。恫喝も暴力も、支配関係も見当たらない、とされている。どのように「加害者」は作られたのか……。

「加害生徒」のレッテルを貼られて…

自殺した生徒、加害者とされる生徒の双方が通っていた宮城県仙台市立館中学校

「A君の死を知ったとき、息子の龍太は大声で泣きました。今、ネットのあるサイトでは、関係生徒も無関係の生徒もごたまぜに実名批判され、新聞は“加害生徒”と記事を書く。このままじゃ高校だって地元に行けるか心配です」

 こう筆者に話すのは、宮城県仙台市の市立館中学校に通う3年生、大森龍太君(仮名)の母・愛子さん(仮名)。龍太君は今、受験勉強に集中できないほどの社会不信に陥っている。自殺した同級生をいじめた加害者とされているからだ。

 2014年9月21日。同級生のA君(当時1年生)が自殺を図り27日に亡くなった。その間、11人の同級生(全員男子)が学校から「事情を知りたい。聴き取り調査に協力を」との要請を受けた。龍太君も「僕で役に立つなら」と9月25日に調査に応じた。

 ところが、あとでわかったことだが、学校は聴き取り記録表に当該生徒がどう関わったかを「加害」「被害」「周囲」の3分類で記録し、龍太君は「加害」にマルをされた。

 記録表を見ると、聴き取り内容は「(A君が)“変態”といわれた件について」と題され、その真偽確認のための聴き取りだった。龍太君の証言はこう記録された(概要)。

「7月初め、Aにあだ名『〇〇』と言った。そのときAは笑っていた。8月後半にも言った。夏休み明けから、学校であだ名『△△』と言った。Bが下ネタを言ったので、その流れから言った。Aは笑いながら流して、その後、みんなで図書館に行き本を見た」

 たわいもない話だ。しかも龍太君は「変態」と言っていない。この証言で後日、加害者扱いをされて龍太君は落ち込む。大親友というわけではなかったが、A君が悩んだとき、龍太君に会いに自宅に来るような信頼関係はあった。

 加害生徒とのレッテルを貼られた龍太君は今、無理をして登校している。

「学校は楽しくないです。でも行かなきゃ“やましいことがあるからだ”と言われるかもしれない。帰宅したらとにかく疲れます。だから受験先も決まりません」

 隣にいる母の愛子さんも表情が沈んでいる。

「いっそ、遠くの高校に行くしかないかな……」