貴公子・宇野昌磨は"絶対王者"のライバルになり得るのか

 今月2日、22日から始まるグランプリシリーズの記者会見で「ほかの(4回転の)種類も挑戦したいです。4回転ループを試合に出られる確率まで上げて、試合で成功させるようにしたいと思っています」と語った宇野昌磨。

 今年4月の『チームチャレンジカップ』で、国際スケート連盟の公認大会では世界で初めてとなる4回転フリップを成功。この偉業は世界ギネス記録にも認定された。

「記者会見の前日に開催された『ジャパン・オープン』では、冒頭に4回転フリップを成功させました。しかも加点がつくほどの美しいジャンプ。さらに、非公認ながら自己ベストを8点以上も上回る好スコアで日本の2連覇に貢献しました」(スポーツ紙記者)

 どうしても、ギネス認定の“大技”が注目されがちだが、宇野はジャンプだけではないと語るのは、フィギュアスケートインストラクターの村主千香氏。

「『ジャパン・オープン』の試合を見ると、4回転フリップという新技に加え、スケーティングや表現力にも磨きがかかっているなと感じます」

 それもそのはず、この夏に猛練習をしていたのだ。

「シカゴで2週間にわたる強化合宿をしていました。演技内のジャンプをすべて4回転に変えて練習を行うなど、体力強化も図ったそうです」(フィギュア関係者)